人気ブログランキング |

ホー! ミタクエオヤシン!

HO!Mitakuye Oyasin!

ホー! ミタクエオヤシン!

「すべてのものは繋がっている」とか、
「私に繋がるすべてのもの」のこと。

「ホー」は、共感を表す言葉で、そうそう、とかなるほど、など。
「ミ」は、わたしの。
「タクエ」は、繋がり。
「オヤシン」は、すべてのもの。

繋がりとは、人間同士に限ったことではなく、
鳥は翼を持つ人々とか、空を飛ぶものいい、
木々を根っこを持つ人々といい、動物を、四本足の人々、
空気を、風の人々、地のなかに生きる人々、
地を這う人々、川を流れる人々、水に生きる人々、
人間も日本足の人々、という。

すべての存在を「人々やもの」という。
もの、は物ではなく、存在をいう。

地球に存在する、すべての人々の中にスピリットを見、感じている。

人や動物、自然というわけかたはせず、また、生きものではなくても、
あらゆるものを「人々・もの」といいます。

スピリットは、風のようにすべての生命の中を流れ、行き来している。

「四方向の風」といわれ、各方向を司るスピリットがいる。

今の時期は、南のスピリットから西のスピリットに手渡される時。
活動から収穫に入る。

その前の、この天候の変化、まさに秋の空と何とやら〜?
しかし、そこにも私たち目線で見るから分からないことが多い。

地球規模で見たとき・・・・すべては、必要で起きている。

私たち人間だけの考えでみたら、こんなこと大変だ、こんなのいらない、と、
思えることも、自然界にはなくてはならないことである。

そうは言っても、なるべく災難は避けてほしいと祈るのですが。
雨がふり続けると、お日様が恋しくなる。
現実的に、洗濯物は乾かないし、湿気でカビやら病気やら、大変です。

しかし、自然界の流れを変えることはできない。
もしそれを何らかの形で変えたとしたら、、、、それは形を変えて大きな異変を招く。

偉大なるシャーマンたちがそれを行い、学んだことで、
自然を相手には何もしてはならない、と学んだのです。

自然界が必要で起きていることを、学んだのです。

そのような経験の積み重ねによって学んだことを、
どう 活かすかが、この季節。

知っているからと言って 、傲慢になるのではなく、
謙虚さが問われるところでもあります。


あらゆる人々はみな、大地の子供であり、地球の住人である。
つまり、それは共に共存していくために同じだけの「権利」と「責任」があるということ。

権利とは、幸せに生きる権利で、草木の一本一本も、風も、人間も、すべての存在が同じ「人々、もの」として、同じだけ幸せに生きる権利があり、命の「重さ」も、同じ。

一人一人を尊重し大切にし、調和を保ってこそ、母なる地球の子供。

人間は、すべての兄弟姉妹たちから「助けられ」生かされていることを忘れないでほしいと、いつも願っています。

だから、犬も猫も「ペット」で はないのです。

枯れ葉の一枚も、自然のサイクルの中の大切な存在です。

すべては循環して「輪」になり、繋がっている〜Ho! ミタクエオヤシン!

by mamashiningmoon | 2015-09-22 14:34 | Comments(0)