金星より愛を込めて❤

アシュタール……金星語で、愛❤

お風呂の中で、キレイなお湯をみていたら、そのお湯でハートを作りたくなった。
幾つも作ってると、アシュタール……と。

アシュタール……愛。
愛……♥

お湯が作るハートは、下に長く伸びて、どんどん伸びて。
届く先は地球の中心。

マザーアースの♥に届いてる。
一人一人の人間の♥にも、届いてる。

アシュタール……って、何度も言ってごらん。
何度も何度も、呟いてごらん。

それが、すべてだよ。。。。

そう呟くことで、受けとるんだよ。

ややこしいことしても、繋がりはしないんだ。

わかるかい。

無でいいんだよ。無、でね。

ツールなんか、いらないんだよ。


いろんなことしてる人がいるけどね、いかにも繋がってるようなこと言ってるけどね、
な〜んにも、必要ないんだよ。

いろんなことしても、私には繋がっていないよ。
そんな利用の仕方はしてほしくないね。



ほんとうに、私と繋がりたければ、

アシュタールって、呟けばいいだけさ。



金星より愛を込めて〜❤
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-12-02 17:45 | Comments(0)

山の神様と鳩

新嘗祭(勤労感謝の日)の昨日、
「西の魔法使い」と「東の魔女」が「繋ぎ人」によって、
九頭龍様の元で一つに結(産)ばれた日を迎えた❤

元々この二人は繋がっていたが、「西」と「東」の「根」を繋いだのだ❗

天気予報は雨、曇りのなか絶対に降るだろう、と。
いつも、風が強いからきっと雨風凄いことになりそうと、
みなが思っていた。

が、拍子抜けするくらい穏やかで、お日様まで顔を出してくれた。

奥のお社へ伺い、木々の中で「繋ぎ人」がその地と一体になり舞う。

繋ぎ人は「舞人」であり、誰かに見せるためでもなく、
その「地」に呼ばれる、ある瞬間、そこで、ただ舞う。

無欲で、その地とその地の精霊と一体になり舞う。
その時……その地の神の歓びの波動が一帯に拡がる。

メディスンホイールの働きと同じである。

個人の為でなく、私達が普通に歩く、住まう、「大地」に
「感謝」を伝える行為。

「当たり前」な、「特別」ではない。
当たり前すぎて、私達が気づかなくなってしまった「意識」と「行為」。

最近は頻繁に神社で「奉納」と何かしらもようされている。
決して悪いことではないが……神様を「甘く」見ちゃあいかんよ❗

「その地」とは、「自分」が「足」をつけるところ「すべて」。
その意識も持たずして、パワースポット的感覚が優先され、
「形」に拘る故に、失われた心の底からの「感謝」。

それは悲しいかな、多くの神社側にもある。
「神職」ということの意識が薄れているところが多くなった。

ゼロではない、素晴らしい方もいらっしゃるから希望はある。
「希望」はどんな時もなくしてはならない。

どんな状況下においても、小さくても「光り」を持ちつづけることこそ、
「未来」に繋がることだ。


私は先日の「我が聖地」から帰った4日後、久しぶりに「夢」を覚えていた。
と言うのも、家族が言うには私は寝ているとき、いつも誰かと話してるよ、といわれる。

が、私はまるで覚えがなくて……誰と話してるんだ⁉
何を、話してるんだ⁉という状況。

なので、今回は夢か現実か?なのだが記憶にはっきりある。
それは、一羽の「キジバト」が電線の上から話しかけた。

鳩といっても、キジバトは昔は山岳地帯に生息し、
めったに人のところには姿を見せなかったと言う。
最近は時々見かけるが、つがいでいることが多い。

山岳地帯と言うことは、山の神様の繋がりか?

鳩…九と鳥
九は、私の中では「ククリ姫様」に繋がる。
ククリ姫様といえば「白山」、「九頭龍様」も繋がる。

この日は11月19日で「1119」。
時間が「919」って、「9」。

キジバトさんが言うには「鳩の羽根の髪飾りをつけなさい」と。
そうか〜ハトの羽根をバカにしちゃいかんな❗と、改めさせられた。

そういえば、伊勢神宮へ初めて伺う時、どうゆうことか高速を反対方向へ走るという事が起きたとき、一旦降りて仕切り直しが信号で止められたところが「山の神」という所だった。

その時、「山の神様」が同行して、その後どんどん「女神様達」が両脇を前を先導して下さり、無事、参拝できたのだった。
なんと、有りがたいことであったか。感謝でした。

そんなことも思い出しながら、今度は何でしょう?

アフロデーテも鳩が「聖鳥」という。
そうゆう事でいうと、エジプトのハトフルが気になる。
が、ハトフルは頭に「太陽」を持ち「聖牛」が象徴。
やがて時が経ち、アフロデーテと同一視されたとも。



そして、昨日の九頭龍様へ伺うため我が家を出たすぐのところで、足元に鳩の羽根が。
そうだ、言われたな〜と、取ってビックリ❗

何と「キジバト」の羽根ではないか⁉
滅多に頂けない羽根だ❗

そして今日、人に会った帰り道、何だか羽根に合いそうな気がして公園に寄ってみた。
落ち葉が沢山あるなかに、あれっ、ありましたよ鳩の羽根が。
それもまた「キジバト」の羽根❗

明日も、期待しちゃうな〜って、それはないでしょうが、笑。



話しを西と東に戻して、繋ぎ人のお陰でこれから素晴らしいことが始まる❗
いや、始める❗のである❤

感謝、感謝です〜ミタクエオヤシン??o(*⌒―⌒*)o??
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-11-24 20:01 | Comments(0)

ホーリーマンダラ・ワークショップ

ホーリーマンダラ(聖なる曼陀羅)

WS〜三鷹のカフェ

12月12日〜AM10時〜PM15時終了

キッズもワンコインで参加できます❤

お申し込み、お問い合わせは、Facebookのイベント欄を見てください。


4本の枝が重なり、それがまた二重に重なると8本となり、
その中心は陰陽が交わり「中性」となる。

その中心からは、高いエネルギーが発生します。

それは、五芒星と六芒星の「統合」でもあり、
「鶴と亀がすべった(統べる)」、
という次のステップとなるのが「八芒星」という。

「八」という無限や宇宙に繋がる数は、八百万の神々でもいわれます。
八百万の神々は、日本にしか存在しない神々。
自然界の全ての存在に「神が宿る」と敬っていた古代日本だからこそ、
数えきれないほどの神々がいます。


その中心から八方向へ伸びるエネルギー
それぞれの方角とその意味をお伝えしながら、
そこに意識して、「糸」をかけていきます。

八方向の「それぞれの意味」をお伝えしながら、思いを込めて、
一方向づつ、丁寧に糸をかけていきます。

特に気になる意味を持つ方角には、ある「印」をつけましょう。

枝は、自然界に落ちた枝を拾い集めたものを、私が1本1本皮を剥ぎ磨いて用意します。
糸は、ご自分が特に使いたい!と思う糸があれば、お持ちください。
こちらでも用意しています。

中心には「在るもの」を使い、高いエネルギーの発生を促すようにします。

今回作成します「ホーリーマンダラ」は、クリスマスにも飾れる「星」の形と、
その回りを囲う「円形」と、お好きな方が選べます。

サイズ〜直径30cm前後〜作成時間3時間前後です。

ママシャイニングムーン
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-11-22 23:47 | Comments(2)

我が聖地へ〜2日目

我が聖地〜2日目



小鳥のさえずり。

紅葉した草木。

なんと、心地よい朝の目覚めか。

外はまだ曇り。

この地に、草木に、ご挨拶。

ふと見上げたとき、雲の間に青空が!

感謝。



足元にそこかしこ、まだ青々としたコンフリーが❗
早速、1枚葉を分けて頂き、温かいスピリットウオーターを。

クセがなく、まろやかでなんと美味しいことか❗
プラントメディスンに、感謝。

朝食をすませ、この地にもメディスンホイールを作り、祈る。

紅葉した木々の中を目的地へ向かう。


目的地〜昨日の下社旧御射山社へ。

登りながら、晴れていきそうで、しかし霧が深いところもあり、
少々不安もよぎるが……信頼して、お任せ致しましょう。

それにしても、すべてが美しい❤
何度かそこに立ち、景色に見入る。

深くなる、霧も。
スーと上がっていく、霧も。

雲の間から覗く、太陽も。
そこに現れた、トンビとカラスの飛ぶ姿が。
嬉しそうであった。

御山のお社は、昨日とはまる反対の晴れ渡るなかに。

二極を見せて下さった。
すべてに、二極があると、必要だと。

それこそが、陰陽であり、バランスと。

ゆっくりと見渡し、感謝し、メディスンホイールを描き祈る。
その時……私の頭上は金色の鳥達が舞った。

何て美しいんだろう。
その瞬間、一羽が頭上からスーと入ってきた。

えっ……
いつもは蓮の花だけど、金色の鳥❗

ありがとうございますm(__)m
この鳥は、これからどのような働きを告げるのでしょうか?

真摯に向き合い、学ばせて頂きます。

近くの気高き古木のそばでは、原キョウコさんが踊っている。

この地と語り、受けとる姿が美しい❤

その手が、指が、木々の枝のようだ。

枝が伝える。
木々が伝える。
風が伝える。
そして、流れる水が、伝える。

美しい……自然が奏でる音が、流れてゆく。

帰ろうとしたとき、頬に何かが?
そっと払うと、まだいる。

見ると、何と!
蜂!

またですか、やめて、刺さないでね。
ブーン。
音は凄いが、なんと優しく触れたのか!

以前も三峰神社で蜂さんにつきまとわれたな〜
そして、蜂子皇子に行き着いた。
十種も、やってきた。

それは、八であり、羽黒山に繋がることだった。
羽黒山、実は「片羽が、2m40cmもある巨大な三本足の大鳥」からついた名前らしい。
「八」も、羽根を広げた形にも見えますね。

そして、出羽三山は、羽黒山が現世利益で、月山で死後の体験を、
湯殿山で新しい生命を頂いて生まれ変わる、というそうです。

ん……最近また、羽黒山、出羽三山がチラチラですね〜?
といっても、来年夏辺りにならないと山には入れませんね。

ま、その辺りのメッセージが来るのでしょう。

そして、御山に感謝をして下ります。



平地に祀られし、上社御射山社へ。

分かり安そうで、なかなか分かりにくい。

木々の中に静かに佇むお社。

先の下社旧御射山社に、御神酒を2本お持ちしたところ、
帰るときに、「1本を、上社に届けなさい」と。

その御神酒を、そう御伝えして置かせて頂きました。

その間も、原さんは思うところで踊っています❤


陽射しにつられて行くと、小さな川があります。
立ち止まり、カメラを向けると〜

ピカピカ、ヒュー
光の乱舞が始まりました❗

そこに、原さんが招かれて踊りました❤

素晴らしい〜〜☀

精霊さんたちとの饗宴です❗

撮ろうと思って撮れるものではありません。
精霊さんたちが受け入れなければ、すぐに消えてしまいます。

素晴らしい❗❗



そこからまた歩き出していくと、またまた光の乱舞が始まりました❗
何て美しい〜o(*⌒―⌒*)o

しばし、見とれていましたが終りません。
日が沈むまで続きそう。

そろそろ帰る時間です。
この地に、神々様に、精霊さんたちに、感謝を御伝えしこの地を後にしました。


素晴らしい2日間でした。

原キョウコさんの感性が素晴らしくて❤
御主人様が、とってもあたたかくて優しい方でした。
一緒にいて、こんなに心地よいご夫婦って羨ましい限りでした(*^^*)
感謝、感謝でした。


そして今回、バランス〜陰陽、女性性と男性性、静寂と活動、明暗。

御山では、そこだけで二極性を見せて頂きましたが、
下社と上社の違いも、まさに二極でした。

諏訪神様は、戦いの神と敬われましたが、この地にお入りになられたとき、
この地の先住の神様とその民をおもい、「融合」を大切になさった神様です。

神事は、先住の神のそれまでのやり方を共に行ったと聞きます。

融合とは、二極が一つになる、ということでしょうか。

今、計らずも起きてしまったテロリストの問題も、その二極にあると。

関連することで亡くなられた方々に、慎んで御冥福をお祈り致しますm(__)m
一刻も早く、世界が光の道を進み愛に生きることを。

すべての命が、愛に包まれますように❤

今回も、ありがたい御導きに心から感謝致します〜ミタクエオヤシン❤
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-11-19 21:44 | Comments(0)

我が聖地へ

久々の我、聖地へ

今年最後になるであろう、前宮参拝。
感謝ですね、伺えたとは嬉しい限り。

今回はご縁が繋がり、原さん御夫婦との旅。

水眼の勢いも変わらず、強く、美しい。
山あざみの花に、小さな蛾が羽根をフル回転させている。
ん、夜でないのに蛾が活動してる?

あるところで、原キョウコさんが舞いはじめた。

……やはり、いい場所を選ぶものですね。

そこは、
私の孫娘が1才半のころ、突然意味不明の唄を詠いだしたところでした。

そして私も、
メディスンホイールの伝授をすることにしたところでもあります。

感謝を御伝えし、この地がいつまでもこの地の方々に守り続けられますよう、
マントラを唄いながら、ラトルを鳴らしました。

しばし、離れがたくおりましたが、沢山の方が参拝にみえましたので、
次へ向かいました。



そしてミシャグチさまの神長館へ。

最初に来た時とはずいぶん様子が変わりました。
以前は、お社が竹林に囲まれていた。

そしてそこには、沢山のカラスが来ていました。

その風情が私はとても好きでした。

今は大きな榧の木が健在ですが、とても見晴らしがよく綺麗になっています。

お社の横には、ご神木の梶ノ木が幾本もあり、
その先には、古墳があります。

不思議なことに、ご神木だというのに確り育っているのはここだけです。

そして、どうしたことか?
小さなお社には、溢れんばかりのお供え物?が。
ん?どうゆうこと?
あまり意味のないものが多く置かれているのには、ちょっと頭をかしげます。

ちょっと下の方に、小さな柿がたわわになっていた。
とても可愛くて、その姿が生け花のようでした。



さて、いよいよ御山へ向かいます。

初日は霧に覆われ、強風と雨〜さむっ。

私が最初に入らせて頂いた時を再現するような。
その時は真夜中だったから……忘れることはできない。

諏訪の下社旧御射山社。

もう、訪れる人もなく新嘗祭のなごりが残る。

霧が深く、幻想的ではあるが、強い風にいっそう寒さが増す。

だが、こんな状況で入らせて頂けるのも有りがたい。
そうそうあるものではない。
感謝でした。

また明日、伺うことにして宿へ向かいました。

その宿もまた全てが木造りの、御夫婦の知り合いのお家。
素晴らしい気が漂う中で、長野のお酒を頂きながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。

雨の音が激しく響いています。

明日は…きっと、晴れる❗
そう信じて、夢の世界へ〜o(*⌒―⌒*)o

諏訪の神々様、この地に、この地の方々に、すべての存在に、
そして、ご一緒させて頂いた御夫婦に〜心から感謝致します、ミタクエオヤシン❤
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-11-19 21:42 | Comments(0)

ホーリーマンダラ

ホーリーマンダラ(聖なる曼陀羅)

4本の枝が重なり、それがまた二重に重なると8本となり、
その中心は陰陽が交わり「中性」となる。

その中心からは、高いエネルギーが発生します。

それは、五芒星と六芒星の「統合」でもあり、
「鶴と亀がすべった(統べる)」、
という次のステップとなるのが「八芒星」という。

「八」という無限や宇宙に繋がる数は、八百万の神々でもいわれます。
八百万の神々は、日本にしか存在しない神々。
自然界の全ての存在に「神が宿る」と敬っていた古代日本だからこそ、
数えきれないほどの神々がいた。


その中心から八方向へ伸びるエネルギー
それぞれの方角とその意味。
そこに意識して、「糸」をかけていく。

ヒマラヤマンダラがあったからこその、意味深いマンダラになりました。

八方向の「それぞれの意味」をお伝えしながら、思いを込めて、
一方向づつ、丁寧に糸をかけていきます。

特に気になる意味を持つ方角には、ある「印」をつけましょう。

枝は、自然界に落ちた枝を拾い集めたものを使います。
糸は、ご自分が特に使いたい!と思う糸があれば、お持ちください。
こちらでも用意しています。

中心には「在るもの」を使い、高いエネルギーの発生を促すようにします。

暫くヒマラヤマンダラワークを控えていましたが、
作りたいというお声を頂き、そろそろワークをしようと考えていたとき、
今回の素晴らしい「情報」が降りてきました。

今、「八」から「九」へ向かおうとする準備期間だと思います。
「九」の段階へ向かう前に、「八」としっかり繋がることが必要かと思います。

私は、二ヶ月ほど前でしたか、八を統べり九に着地したところです、笑。
それもあって、このように作ることになったのかも知れません。

今月中にワークを予定していますが、場所と日にちはまだ未定です。

今月から来月を予定していますので、
5人ほどお集まり頂けるところには伺うことも可能です。

現在、パソコンの調子がよくありませんので、
Facebookの方でメッセージを頂けると嬉しいです❤

Facebookも、ママシャイニングムーンで見つかります。
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-11-05 12:34 | Comments(0)

アイヌの祈りとヘペレアイ

現在こちらのブログでは、写真が載せられない状態で、すみませんm(__)m


金沢文庫のアサバアートスクエアーで、「アイヌの祈り」というイベントに伺いました。

華矢作りのワークに参加して、クマを喜ばせるための「へペレアイ」という、美しい矢を作りました。

平田さんと結城さんの指導で作るのですが、木の皮を削ったり彫ったり。
なかなか思うようにはいきませんが、私は木の皮を削るのがとても心地よく感じました。
皮を削っていると、樹液がにじみ、香りが放たれます。
その感触もとても気持ちいいものでした。
その木に、ありがとう~使わせていただきます、と伝えながら。


矢には、羽をつけるのですが、私のはまだついていませんので、出来上がってはいないのです。
これからゆっくり仕上げていきます。

その後、祈りの儀式と演奏が始まりました。
アサバアートスクエアと称名寺が建つ一帯は、縄文遺跡の上に建っているということで、
古代の祖先たちへの祈りを捧げられました。

その様子は写真には収めておりませんが、用意をされていた一部だけ撮らせていただいたものです。
アイヌの言葉で祈りを行われました。
きっと、この地の神々も祖先たちも喜ばれたことでしょう。

祈りが終わり、アイヌの楽器「トンコリ」での演奏が始まりましたが、心地よい音色に睡魔が襲います。
以前も感じたのですが、日本の「鳥舞」のテンポととても似ているのではないか?と。
もしかすると、アイヌのトンコリのテンポが形を変えて「鳥舞」として引き継がれているのではないか?
もともと日本中にアイヌ民族が暮らしていたのですから、多くのことが引き継がれているはずです。
隠されて、表に出ていないから気づかないのではないか?

そして、結城幸司さんの「語り」です。
オオカミが人間を救ったというお話です。
このお話は、私はとても好きですし、オオカミを神と崇めていた日本がここにあると思います。

日本中にいたオオカミ。
自然界の頂点にいて、すべての循環が行われていた。
からこそ、古代の人々はオオカミを「大神」と敬ったのでしょう。
現代よりはるかに知恵があったのです。

イエローストーンではオオカミが絶滅して生態系が変わってしまったため、
オオカミを新たに導入したことから、その生態系が「元に戻った」という。
川の流れまでも変わり、緑が増え、生きものたちも増えたという結果は、驚きです。

日本ではオオカミの絶滅により、生態系が大きく変わり鹿などが増えすぎて、
人間が「駆除」といい殺しています。
鹿も「神様の使い」と大切にされていたのに、です。勝手ですね。

オオカミがいると、鹿を殺すだけでなく、鹿たちが移動するそうです。
それによって緑が保たれ、生きもの達の餌も豊富になるという、その循環。
ですが、今の日本にオオカミの導入は難しいでしょうね。

オオカミは「命を与えるもの」であり、奪うものではなかったのです。

そのことに繋る、結城さんの「語り」でした。

そして私は、結城さんの「版画」の大フアンでもあります。
とても心に響く版画を彫られます。

その上、語り口調がとても、やさしい!!

素晴らしい「時」を頂きました~ミタクエオヤシン・感謝です。


資料から抜粋です。

「ヘペレアイ」はイオマンテのとき子熊に打つ花矢です。子熊に花矢を射る儀式は、イオマン
テの中でも重要な儀式です。古老だけでなく子供たちにも矢を射たせ、狩猟民族であるアイヌの
精神を伝えます。
イオマンテではもてなしを受けた子熊のカムイがカムイモシリへ帰るときに東の空に向けて矢
を射ます。子熊のカムイはその矢に導かれてカムイモシリに帰っていくのです。


狩猟採集を生業としていたアイヌは、狩猟の対象など生活の中で深い関わりを持つ動物をカム
イ(神)として敬い、その魂を大切に取り扱ってきました。
「イオマンテ」とは「動物の魂をカムイモシリ(神の国)へ送る」という意味で、広く動物神
の霊送りの名称として使われる場合がありますが、一般的には「飼い熊の霊送り儀礼」を指す言
葉として知られています。春先のヒグマ猟で、母熊と共に生まれたばかりの子熊を手に入れると、
人々はカムイから養育を任された名誉あることと考え、授かった子熊を大切に育てました。そし
て1~2年ほど飼育した後には、その魂をカムイモシリへ送り帰す盛大な儀式が、集落をあげて
営まれてきたのです。イオマンテは、カムイを敬い、日常生活の中で常にカムイの存在を意識し
てきた人々が、たくさんのお土産を持たせて子熊の魂を送ることでその再訪を願い、食料の安定
供給を求めるという、アイヌにとって最も重要な伝統儀式のひとつです。イオマンテは、明治以
降の同化政策による生活環境の変化などにより、次第に行われなくなりました。現在、イオマン
テに関する伝承は、地域や個人によって儀式の手順や作法、使われる道具などに違いがあります。
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-10-12 11:51 | Comments(0)

フラワエナジーワーク(エナジー療法)

フラワーエナジーワーク (エナジー療法)

薬草をはじめ、様々なものと「対話」できるセラピスト~
「ひのくにこ」さん。

サポート・マナミさん

宮崎からやって来る、特別な時をシェアする、素晴らしい日!



京都にて開催いたします~(^^♪

場所 京都 河原町五条

サロン『Romeriaの風』


時間的に余裕がなく、関東方面は今回は断念しまして、
京都にて、濃い2日間のワークになりますので、ぜひ、お見逃しなく!!



カウンセリングで作る、貴女のための「もるふぉクリーム」
季節限定フラワーエナジー入り「プエラリアシリーズ」

知る人の中では、大好評の「もるふぉクリーム」!!

対面し、カウンセリングの対話と気の流れで、エナジーリーディング
「エナジーをみて感じ、整え、カウンセリングをして心身の状態を感じ、
その方に必要な情報を得ていきます」

整えて、高めるためのクリームを、その場で作りお渡しします。
「エネルギーを入れ、パワーを持続するためのクリームです」

名づけて「プエラリアシリーズ・エナジークリーム」

日本ミツバチの蜜蝋とお花でできたオーガニックナチュラルコスメです。
(アレルギーのある方はご相談ください)

一人一人違いのある、その方に合った特別なクリームをお作り致します。
それぞれ違いがあります。

「滞りを促す」ための顔と、足裏を「プエラリアエナジークリーム」で行い、
身体は貴女だけの調合オイルでマッサージを行うという行程になります。

素晴らしい繋がりに、皆さまと出逢えることを楽しみにお待ちしております。



日程~10月22日、お昼から午後9時まで。

23日、午前10時から午後2時まで。

1回約1時間前後~要予約でお願い致します。


¥16000-縁(¥20000円のところ、初回限定価格です)

ご希望によっては別料金ですが、¥5000縁で、
確りマッサージも、お受けいたします。



「ひのくにこ」さんは、お子さんを持つお母さんということもあり、
このワークは年に数回しかできない貴重なワークになります。


お問い合わせ&お申し込みはこちらです。

tatebatafurai☆yahoo.co.jp

romeria1111☆gmail.com

☆を@に変えて送信して下さい。


私、ひのくにこは、5人の子宝に恵まれ、この時を迎えました。
皆様との出逢えることを楽しみにお待ちしております。
宇宙の恩恵であります事に感謝して☆彡

ありがとうございます m(__)m
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-10-06 00:25 | Comments(0)

あまのなセラピー

あまのなセラピー

本日から受付開始致します。


「名前からのメッセージ」

一人一人には「名前」があります。
その「名前」には、「アカシックコード」のように「情報」が刻まれています。

未来、前世、祖先、性格、社会性など、色々。

自分の「名前」に意識を向けて、 読み解くことで、
自らの魂を深いレベルで目醒めさせることへと繋っていきます。

あなたという宇宙の魂を、
名前を通して気づき、生かしていく。

その「名前」を愛することで、 自らの宇宙はさらに広がり、
深まり、新たな意識を生み出し、内面から豊かになっていくことを
実感していくでしょう。


好きでも好きでなくても、生まれた時に誰かに付けて頂いた「名前」。

付けてくれた方は様々ですが、ご両親だったり、祖父母だったり、親戚の方や目上の方など、
そのご家庭によって様々でしょう。

しかし、実はその方の「名前」は、生まれ出る前に既に「頂いている」のです。

その「名前」を、付けようとする方には気づかれずに伝わり、無意識で入っている。
が、現実では知る由もなく、自分が閃いた、考えたようにおもいます。

姓名判断で、この名前は良くないから改名しましょう、
などと言われた経験がある方もいるかもしれませんし、
自分自身で、小さい時から自分の名前なのに馴染めないでいる方もいるでしょう。

そこで「改名」しても、情報が刻み込まれた本来の「名前」は生き続けますので、
捨て去ることはできないのです。

特にそのような方は、その「名前」こそ意味がある、メッセージがあります。
何らかの「意味」を持ち、自ら望んで生まれてきた。
そんな方が多いです。

そのようなことを紐解いて、自分の「名前」の「真」のメッセージを受け取る。

なによりも、自分の「名前」を好きになることが、素晴らしい人生を歩く道となります。
そのための、素晴らしい「方法」をお伝えしたいと思います。


「名前」は、自分自身です。

「名前」は、言霊であり、その「字」にも霊が宿っています。

「名前」を意識し、大切にすることで愛おしくなり、喜びに包まれ、
様々なことが改善されていきます。

それが、「あまのなセラピー」です。


この「名前セラピー」は、私自身の名前の画数が非常に良くない!
ということから姓名判断を学び、改名もした経験があります。

しかし、それでも「しっくり」こない・・・・・何故?
結局、改名した名前にも馴染めず、馴染めないから使わない、という経験があります。

そんなある日、無性に「空」が気になり、ボーッと空を見上げていると、
おかしな話でしょうが、空から自分の名前が一文字づつ降ってくるのです。

○・○・○・○・○・・・・「な・ま・え・自分の、な・ま・え」と・・・・・聞こえてきます。
・・・・・・生まれた時についた名前?
生まれた時・・・・生まれる前に・・・・・・ついていた!?

そうか!
画数が「良くない」というのは、そこにこそ「意味」を込めてあるのか!と。

そこからまた、自分の「名前」と向き合うことになりました。
そこには、自分の「名前」に刻まれた記憶、メッセージが込めてあったことに気づかされました。

でも、それをどんな形でお伝えするべきかは、模索の中でしたが、
どうすればその情報を活かせるのか、お伝えすることが出来ることになりました。

自分らしく、のびのびと、豊かに生きるための、
あなたの「名前」に刻まれた「情報」、そして「メッセージ」をお伝えします。
まずは、「お名前」と「生年月日」をメールでお知らせください。

ご説明と、改善方法をお伝えします。
必要であれば、対面させて頂きます。

ここでは「改名」は致しません。
ですが、名前によっては、自分の名前を変えるのではない「使い方」をお伝えします。



お問い合わせ(料金など)、お申し込みは、

tatebatafurai☆yahoo.co.jp まで。

☆を@に変えて送信して下さい。
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-10-06 00:18 | Comments(0)

メディスンホイール・ヒーリング

メディスンホイール・ヒーリング

メディスンホイール・ヒーリングは「ドラムジャーニー」という、
ネイティブアメリカンに古代から伝わる手法を行います。

太古の昔から私たちに癒しの力を与えていたドラム❗

ドラムの音を聞くことで脳波がアルファ波からシータ波へと向かい、
リラックスできる領域に入ります。

古代から儀式など、シャーマンに使われてきたドラムのリズムと音色は、
頭の天辺の上のチャクラから喉に、心臓に、そしてお腹に響き渡り、
丹田、子宮に、足さきのチャクラにまで、身体中余すところなく、
その波動が響き渡ります。

古代から伝わる叡智はすべてにおいてケアし、根源の愛に繋がる究極のセラピーです。

ドラムの音は人間の鼓動と共鳴し、日常では意識することのできない無意識の領域に入り、潜在意識と繋がる、それは、本来の「自分」に遇うことであり、知ることになるのです。

メディスンホイール・ヒーリングで、ドラムの音に包まれることで、

スッキリした。

激しいのかと思ったら、とても穏やかで夢の世界へ行った気分です。

ドラムの音と一体化していき、疲れや悩みが軽くなった。

涙が出てきて止まらなかった。

とても気持ちがよくて、寝てしまいました。

身体がとても楽になりました。


などというご感想を頂いております。

とても、嬉しいことです。

是非、体験して頂きたい素晴らしいヒーリングです。

現在は、京都のサロン「Romeriaの風」さんの、
「メディスンホイール・キーパー」として認定された〜ナオミさんが行っています。

お問い合わせは、私の所かRomeriaさんまで。
[PR]

# by mamashiningmoon | 2015-09-22 22:51 | Comments(0)