12か月の精霊

東のスピリット「ワブン」が柔らかな太陽を呼び、
すべての生命の「誕生」を促す~
春を運ぶ「風の女神」とやって来る~

おお、ワブンよ、風の女神よ、日が昇るように生命に希望を与え、
萌ぎ立つ若葉のように、生き生きと育てよ。

a0258233_1253372.jpg


3月11日~4月10日生まれ・・・ホーク<木が芽吹く月>



無邪気さと明晰さを持ち、赤子のような無邪気さがあるので、他
人の不誠実さに敏感で、親友であってもストレートに自分の気持
ちをぶつけるところがあります。感情的な面がありますが、反面
楽天的な面もありますので、楽天的な部分を生かせば、優れたリ
ーダーシップを発揮します。物事を形にしたり、新しいプロジェ
クトを始めるには才能を発揮しますが、始めた作業を途中で放棄
せず、完結する方法を学ぶことが大切。地に足をつけた生き方を
することが大切です。

a0258233_1265872.jpg
4月11日~5月10日生まれ・・・ビーバー<蝶が飛ぶ月>





几帳面で穏やかな性格。心を許した友人には常に誠実で裏表がな
く、気分で態度を変えたりしません。その一方で、自分の感情や
考えにこだわってしまうのが度が過ぎる場合もあります。こだわ
りをうまく仕事などに生かせば、どんな分野においても成功しま
す。外見はおっとりして見られがちですが、意外としっかりした
考えの持ち主です。ビーバーの人は、どんな状況でも恐れず、や
り続けることができますし、引き受けるどんな仕事にも意
欲を持ちます。

a0258233_12531534.jpg
5月11日~6月10日まで生まれ・・・ディア<花が咲く月>





この時期に生まれた人は、優れた職人や芸術家になることが多い
です。創造的な性質で、熱意があり輝かしい存在で周囲に影響を
与えます。美しいものに囲まれているのが好きで、クリエイティ
ブな才能が豊か。きめ細やかな心と思いやりを持ち、女性的でエ
レガントな表現を好みます。傷つきやすくデリケートですから、
他人との対立を避ける傾向があります。散歩や自然の中に心が落
ち着き癒されます。異性だけでなく、同性を大切にすることが幸
運を呼びます。



南のスピリット「ショノデス」が、すべての生命に活動と成長を与える~
情熱の炎を与える、「火の女神」とやって来る~

おお、ショノデスよ、火の女神よ、すべての生命に火を灯し、
力強く躍動し、生きる実感を与えよ~


a0258233_12543043.jpg
6月11日~7月10日生まれ・・・カワウソ<スイカ月>夏至を含む





無味乾燥したビジネスや生活に喜び、幸せ、美、軽さをもたらし、
意識せずに、周囲の雰囲気を明るくします。子供の無邪気さと好
奇心旺盛ですが、誰かの助けが必要だったり、物事に対処するの
が上手いようで下手だったり、結果がどうなるかとか考えるのが
苦手だったり、逆に考え過ぎたり、と振りまわされる傾向がある
ので、賢い助言に、素直に耳を傾けることが大切です。夢見る夢
子さんと、クールな現実主義が同居しています。

a0258233_1255555.jpg
7月11日~8月10日生まれ・・・キツツキ<赤い花の月>





楽しんでいる中から、必要な事やものを発掘する才能がありま
す。簡単に諦める面と、執拗に固執する頑固さもあります。激
しい感情と冷静な判断力、分け隔てのない豊かな愛と依怙地な
嫉妬深さ、両極端な性格が一人の心の中に同居しています。一
途なところが、度が過ぎる愛にならないよう気をつけることが
大切です。自分の為よりも、誰かのため何かのために働くこと
に意欲を持ち、力を発揮します。



a0258233_12564785.jpg
8月11日~9月10日生まれ・・・ウルフ<狩猟の月>





暖かみのある優しいタイプと、行動的でシャープなタイプのふ
た通りのパターンがあります。社交的で付き合いやすいイメー
ジの陰に、ナイーブで純粋な心を隠しています。異性の心をそ
そる魅力を持ち、自分から積極的に行動するタイプと、わざと
相手を怒らせてしまうような行動をするタイプがいます。とて
も華やかな印象を与えますが、内面は繊細でプライドが高いで
す。プライドが傷つくと、なかなか立直るのに時間がかかりま
す。



西のスピリット「マジェキーウィズ」が強さと内省、再生をたずさえ~
黄金の豊かさは「豊穣の女神」とやって来る~

おお、マジェキーウイズよ、豊穣の女神よ、喜びの収穫と、
準備のための時間と、新たな始まりをたたえよ~

a0258233_1333171.jpg
9月11日~10月10日生まれ・・・ベア<熟する月>





楽しいことが好きで、自分流の感覚を大切にします。内面では
何事にも冷静で、経済観念もしっかりしています。生まれつき、
大きなグループやプロジェクトをコントロールする能力に恵ま
れ、的確に道を選ぶことによって成功します。を持ちます。自
信が自惚れになると、先が見えなくなる時があるので注意です。
礼儀正しさと、さっぱりした性格が、異性にも同姓にも愛され
ます。

a0258233_135246.jpg
10月11日~11月10日生まれ・・・コヨーテ<収穫の月>





多才で頭の良い人、学歴や年齢とは関係ない本能的ともいえる
賢さを持っている。天真爛漫で情熱的、子供のような面が憎め
ず、世渡り上手で人気者です。美しいもの、美や芸術に才能を
発揮します。自分の才能に溺れるところもあるので、注意が必
要です。また、自分にとって住み心地の良い場所が大切で、た
えず移動しようとする傾向があります。誰にも何も言わず、あ
る日突然いなくなることもあり、びっくりさせられます。

a0258233_1374524.jpg
11月11日~12月10日生まれ・・・ワピチ<ぱちんと鳴る木の月>






自立心旺盛で向上心が強い反面、自分に甘いところがありナル
シストでもあります。忍耐強く、どんな環境にいても一人で頑
張れますが、人見知りが激しい面と、用心深い面があり、打ち
解けるまでに時間がかかります。そのため、協調性に欠けると
思われがちですがとても優しい心の持ち主です。仲良くなると、
独占したくなりヤキモチ妬きになりますので、自分に自信を持
ち、心を広く接するといいでしょう。



北のスピリット「ワブース」が真っ白い毛布ですべてを覆う~
すべてを凍らせる「氷の女神」とやって来る~

おお、ワブースよ、氷の女神よ、冷たさに覆いつくされたその下に・・・・
母なる大地のぬくもりに抱かれて守られ、身に付ける強さよ。
a0258233_138483.jpg
12月11日~1月10日生まれ・・・フクロウ<固い氷結の月>冬至を含む






礼儀正しく人当たりが良く、常に控えめに振舞って目立つのが
苦手な反面、華やかな舞台で主役になるような願望もあります。
外見はおとなしく見えますが、芯の強さを秘めていますので、
夢を実現できる人でもあります。自分の歳を超えているかのよ
うな知恵を持っています。しかし知識に片寄ってしまい、聞く
べき時に口を出してしまい、せっかくのいい意見を消してしま
わないよう、聞き上手になる事も大事です。理解と知恵のバラ
ンスを取ることが大切です。



a0258233_1384437.jpg
1月11日~2月10日生まれ・・バッファロー・<小さな精霊たちの月>






既成概念に全く左右されず、自由でパワーがあり、頭が良く
策略にたけていますので、同性からの支持が多いです。自分
の道をはっきり見ることが出来る能力があり、愛情も豊かで、
他の人を助けることができます。知識と知恵があり、自信過
剰にならないように注意が必要です。ストレスを溜めると一
気に爆発もありますので、ストレスをためないようバランス
をとる事と、好奇心旺盛なので、落とし穴に落ちやすい面を
注意しましょう。

a0258233_1394311.jpg
2月11日~3月10日生まれ・・・クーガー<強い風の月>






個性的な考えと知恵を持っていて、他の人よりずっと先を行
くことがあり、それが誤解や無視をされたりすることもあり
ますが、あらゆる境界をやすやすと越える力があり、リーダ
ーの素質でもあります。また、母性愛が強いのも特徴で、守
ることが使命のように感じています。首尾一貫性を保ち、状
況に吹き飛ばされないよう学ぶことが大切。忍耐強さと爽や
かさを知ることができれば、自信を持つことが出来ます。
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-07-03 13:20 | Comments(0)

今日の精霊のメッセージ

a0258233_0212042.jpg
ビーバー


築く




創りあげてきたものは

なに?

その 成果

拍手喝采

共に 喜ぶ

素晴らしいもの

そのものは

あなたの 知恵

あなたの 魅力



あなたがコツコツと築ずき上げてきたことに、陽が当たります。
住いや仕事場、仲間の中であなたの居心地のよい「居場所」が確保され、
ますます意欲が旺盛になる時です。
クリエイティブなことには特に良い結果が得られます。



         

http://itunes.apple.com/jp/app/stonetelling-jing-ling-zhani/id499512065?mt=8
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-07-03 00:22 | 今日の精霊のメッセージ | Comments(2)

4と7の数

4と7の数

地球に生きる人たちのさまざまな部族においては、
ある特定の「数」が儀式などにおいて重要な役割りがある。

ネイティブ・アメリカンの人たちにとっての「4」と「7」の意味は、
「4」はなによりもまず自分たちを支配している四つの大きな力、
大地と火と水と風の力であり、東と西と南と北の四つの方角を意味している。

これら東西南北の方角は、それぞれ限定された色で区別されている。

数字の「7」は一族を構成する七つの氏族をあらわし、
この七つの氏族もまたそれぞれが世界の方角と関連づけられている。

世界には方角が東西南北の四つだけではなく、
東西南北以外にさらに三つ、上(上の世界)と下(下の世界)と
中心(私たちのいるところ・内なるところ)がある。

だから世界に方角は七つあるという。

数字の「7」は、神聖さもしくは純粋性において到達しうる最高のレベルを表している。

言い換えれば、その段階まではなかなかいくことができないということである。
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-07-01 17:21 | アメリカインディアンのお話し | Comments(0)

インディアンの言葉

一人でいることと淋しいということはぜんぜん違うのだよ。


一人でいても淋しくなく穏やかな心でいるようになるためには、
自分が最良の友と一緒だということを知ればよいのだ。

自分自身と一緒にいて心が安らぎ、自分を愛していれば、
決して淋しいことはない。

人は自分自身を愛するようになったとき、初めて他人を愛することができる。

孤独の純粋さに触れるには、まず自分を愛することを学ばなければならない。

利己的にならずに自分を愛することができれば、淋しさは存在しない。

自分に対する愛は、また、ほかのすべてのものに対する愛を生み出し、聖
なる「ワンネス」の世界に近づけてくれるのだ。

(コヨーテ・サンダー)
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-03-12 23:20 | アメリカインディアンのお話し | Comments(0)

レイヨウ(アンテロープ)メディスン

a0258233_21131462.jpgレイヨウ(アンテロープ)メディスン

昨日のシェリングは、「レイヨウ」さんでしたが、
毎回思うのは、自分のその時にピタッとリンクし、必要なメッセージがあることです。

まあ、私の中ではすべてのメディスンが「その時に応じたメッセージ」を伝えてくれるということは、
すでに承知、分かっていることだけど・・・・・・笑っちゃうくらい、なんで?
と、わかっていても驚くことがいっぱいです。

レイヨウさんも、ぴったんこ!言ってくれました(笑)

レイヨウメディスンは、「聡明な行動」。
頭脳と心の強さを、そして事を成すために素早く決断し「行動する能力」を与える。

このところの私は、迷路にいるように考えがグルグル回り、
どの方法がいいか、どの道を選ぶのが正しいのか、
いくら考えても決まらず動けずに座り込んでいる状態でしたから、
わ~、行動せよ!か、何てバチッと来たことか。

既に決断しているのに躊躇している自分がいました。
なかなか、その一歩が踏み出せず・・・・・
自分の中で、色々理由を付けてみたり、どこか逃げ腰。

そのうえ、イライラするものだから怒りっぽくなるのも、
レイヨウメディスンの逆作用の表れ・・・・

そこに、「行動せよ!」、
効きすぎですよ~(笑)

やります、やります、直ちに行動します。
と、答えている自分がいました。

ここで少し、レイヨウメディスンの事をお話します。

まだ、「時」が始まったばかりで、人間の部族も数少なかった頃のお話し。
食料もなく、着るものもなく、
二本足たち(人間のこと)が死に絶えそうにしているのをレイヨウは見た。
そして、思った。
「行動を取らないと、人間の祖先たちは母なる大地の上からすぐに消えてしまう」

レイヨウは行動をとり、人間の集落に行き二本足の仲間を集めて会議を開くよう求めた。

「あなた達にレッスンを学ばせるため、グレートスピリット(大霊)は私を遣わした」

「空腹や着るものがなく凍えているのなら私を殺し、その肉をたべなさい。
毛皮を剥ぎ、暖まればいい」

「それが私の贈り物であり、私の進化の道の一端であり、私の奉仕だから、それをしなさい」

人間が「肉」を食べることを覚えれば、氷河期が来ても生き残れることを、レイヨウは知っていた。

アメリカ先住民の伝承では、果物と野菜が豊富にあった第二世界の人間族は、
他の生きものの「肉」を食べる必要がなかった時で、
大きな氷の山が動き出し(氷河期)、果物や野菜が取れなくなったため、
この第二世界の人間族から「肉」を食べるようになったと、伝えています。
現在の世界は「第三世界」という。

四本足の仲間の本能と知恵を体内に取り入れ、
それぞれのエッセンスを味わい、人間は生き残る術を学び、
「決して無駄をしない」、「必要以上に取らない」、
「行動すべき時に行動する」のを、教えられた。

レイヨウは人間に、大いなる神秘からの贈り物を讃え、
見境のない「破壊」をせずに生きる道を教えた。

あなた自身、家族、親族、部族、
さらに、母なる大地のために行動せよ、と求める。

今、それをせよ、と、求める。

これ以上、待っているな、と。

まさに、今・・・・・私たちに「行動」を伝えていますね。
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-02-28 21:19 | 月日記 | Comments(0)

Ho! Mitakuye Oyasin!~ホー!ミタクエオヤシン!

HO! Mitakuye Oyasin!


  ホー! ミタクエオヤシン!


「すべてのものは繋がっている」とか、

「私に繋がるすべてのものたち」のこと。


「ホー」は、共感を表す言葉で、そうそう、とか、なるほど、など。

「ミ」は、わたしの。

「タクエ」は、繋がり。

「オヤシン」は、すべてのもの。

分かち合いの「輪」の中で祈ったり話したりする時、
「ホー」と、合いの手を入れる。

私は、メールや文章などにも、「おはHO!」なんてやり取りをする。

「繋がり」とは、人間同士に限ったことではなく、
「鳥」は、翼を持つ人々とか空を飛ぶものといい、
「木々」を根っこを持つ人々といい、「動物」を、四本足の人々、
「空気」を、風の人々、「地の中」に生きる人々、
「地を這う」人々、「川」を、流れる人々、「水に生きる」人々、
「人間」も、二本足の人々、という。

すべての存在を「人々やもの」と考えている。
もの、は、物ではなく、存在を言う。

地球に存在するすべてのひとびとの中にスピリットを見、感じている。

人や動物、自然という分け方はせず、また生物ではなくても、
あらゆるものを「人々・もの」といいます。

スピリットは、風のようにすべての生命の中を流れ、行き来している。


「四方向の風」といわれ、各方向を司るスピリットがいる。

今の時期は、「北のスピリット」が司る風。

寒さが厳しい時、人は「知恵」を授かる。


厳しい北風にあおられながら向かうとき、私は心で話す。

北のスピリットよ!
その真白き毛布で包み、その中ですべての命が守られますように、と。

厳しい寒さで、凍え死にそうな命がたくさんいます。
その命が、あたたかく包まれることをいつも願ってやみません。


あらゆる人々はみな、大地の子供であり、地球の住人である。
つまり、それは共に共存していくために同じだけの「権利」と「責任」があるということ。

権利とは、幸せに生きる権利で、草木の一本一本も、風も、人間も、
すべての存在が同じ「人々・もの」として、同じだけ幸せに生きる権利があり、
命の「重さ」も、同じ。

ひとりひとりを尊重し大切にし、調和を保ってこそ、母なる地球の子供。

人間は、すべての兄弟姉妹たちから「助けられ」生かされていることを忘れないでほしいと、
いつも願っています。


だから、犬も猫も「ペット」ではないのです。

枯葉の一枚も、自然のサイクルの中の大切な存在です。


すべては循環して「輪」になり繋がっている~HO! ミタクエオヤシン!
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-02-19 18:52 | 月日記 | Comments(0)

お知らせ=☆彡

本日

64匹のアニマル・メディスン(精霊)さんの「iPoneアプリ」発売053.gif

宜しくお願い致します。a0258233_9301674.jpga0258233_9301674.jpg
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-02-08 11:43 | 月日記 | Comments(0)

私自身に現実に起きたひとつのお話し

ある夏至の日のこと。

アメリカ先住民では夏至や冬至は重要な日で、この日には「祈り」をします。
古代は、日本でも行なわれていました。

仕事中でしたから昼休みに広い公園まで行き、大きな木の下で一人静かに祈りました。
何も持っていなかったので、タバコを捧げてきました。
帰りながら、カラスの羽根を11枚頂き、ふと草むらに蝶を見つけましたが、
その蝶は、しっかりと葉っぱにしがみ付き孵化したてでした。

暫らく様子をみていたら、どうもその蝶は孵化に失敗したらしく羽根が開きません。
そのままだと、何かに食べられてしまいそうで葉っぱごと連れて帰りました。
メディスンホイールの敷物の上に、片手に乗せた蝶と片手に頂いたカラスの羽根を持ち、
祈っているうちに、どうも寝て?しまったらしく不思議な世界に誘(いざな)われました。

Moreつづき~
[PR]

# by mamashiningmoon | 2012-02-01 11:41 | 月日記 | Comments(0)