インナーチャイルド


a0258233_2264096.jpg


インナーチャイルド


メディスンホイールの癒しでは、インナーチャイルドが歓ぶ!です。


インナーチャイルドを癒したら、次は喜ばせてあげて下さい\(^o^)/

いえ、何はともあれ~あなたの中の子供はまだ、発見や感動、好奇心がいっぱいなんです。

大人になったから、無理やり閉じ込めてしまった。

嫌なことと一緒に、閉じ込めています。


でも、素晴らしく効果的なことがある、それは・・・・・喜ぶこと。

思い出してみて!

子供が受ける、感動を。

その感動こそ、センス・オブ・ワンダーなのです。

私のようなおばあちゃんになっても、その子供は生きているのです!
びっくりするかもしれませんが、どんなに年をとっても、
自分の中の「子供」は、イキイキと生き続けるのです(^-^)


小さなこと、些細なことにワクワク、心躍るその感覚。

今日、あなたはどんな発見がありましたか?


あなたの足元の草花に、気づきましたか?

あなたの頭上を飛ぶ、蝶に気づきましたか?

道路に描いた落書きに、気づきましたか?

その生きものの仕草に、気づきましたか?

あなたの横を通る杖を持つ方に、気づきましたか?

赤や黄色の可愛いお花に、気づきましたか?

キンモクセイの香りに、気づきましたか?

今日の空の様子に、風に、気づきましたか?


あなたの「脳」の記憶は、あなた自身が書き込んだもの。

その「脳」には、美しい、楽しい感動を書き込んでいきましょう~!

「脳」を歓びで溢れさせましょう~

いらない記憶は遠く遠くへ追いやられ、喜びで占められるのです。



センス・オブ・ワンダーな子供を呼び覚ませ(*^_^*)


それが~メディスンホイールの旅のはじまり、です。
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-29 22:08 | Comments(0)

伝授の旅が導く~④


伝授の旅が導く~④


やっと、見つけた!!


京都泊、朝一番に目的地に向かって歩き出しました。
地図上では、さほど遠くない。
大丈夫、歩いて行ける。

あれれ・・・・・ここは、どこ?

地図どうりではないぞ!

何人もの方に伺って、やっと最後に地元の方らしきお年寄りが教えてくださいました。
それでも、あと一歩のところでわからない。
また、通りがかりの方に伺って、やっと見つけました。

そこは京都の「諏訪神社」
以前も探して行き着けなかった。


a0258233_22525569.jpg



今回は絶対、見つける!と、決めていました。
うれしかった~~\(^o^)/

しかし、1時間半かかりまして、約束に遅れてしまいましたm(__)m

時代が過ぎ、忘れ去られたような、そんな神社。
哀しいな・・・・・・この京都で、忘れられた神社ですか。

とはいっても、お守りくださっている方々がいらっしゃるのですから、感謝です。
細々とでも、存在しているのはひとえにその方々のおかげです。
ありがとうございます。

さて、目指すは「晴明神社」

いやはや・・・・困ったもんだわ~バス音痴。
いくら見ても、どこがどこに行くのかわからん、(;_;)

ま、なんとかなるでしょ、と、乗りまして~途中下車。

川に降りてしばし遊んでいきましょうか。

来ましたよ~一羽のカラスちゃん。

お腹すいてるみたいね、食べてないの?
用心しながら、近くまで来てもすぐ離れての繰り返し、笑。

ちょうどクッキーを一枚持っていましたので、砕いてはポン、またポン、と。
その度、カラスは取りに来てはすぐ離れる、繰り返し。
用心深いカラスちゃんでした~それでいいのよ(^-^)

アオサギが悠々と水の中を歩き、餌を探しています。
小白鷺も集団でいます。
スズメたちもおしゃべりしています。


a0258233_22541949.jpg


川の中の石を飛びながら、向こう岸につきました。
川の中には、沢山の稚魚がいました!

川から道路に行きましょう~そろそろ目的地に行かないと。
ん!ハモそば~いいですね~(^-^)
お昼もまだだし、お腹を満たしてからにしましょうかね。

美味しかった~~!
これはまた、食べたいです。

さて、お腹も満足したことですし、頑張って行きますかね。

地図を見ながら、もう一本向こうの道かしらね、なんて言いながら歩いていると、
緑の絨毯に大きな木々が気持ちよさそうな、京都御所です。

ちょっと寄っていきましょうか~
入るやいなや、カラスの羽のプレゼント!
真っ赤な曼珠沙華や薄むらさきの可愛いいお花、なんて気持ちいいんでしょう。

するとまた、カラスの羽が~その先にも、その先にも、いくつ頂いたでしょうか?
次々とカラスの羽のプレゼント。

ご一緒したファミリーさんはカラスの羽をもらったことがなかったそうで、
きっとカラスさんが呼んでくれたのでしょう。

いい加減歩いて、さあ目的地にいかないと!です。
今度はナビを使って、やっとこさ、行き着きましたよ、笑。

かれこれ15年前くらいですかね~初めてお伺いしたのは。
一度、お礼に伺いたいと思いながらやっと、今です。


a0258233_22544885.jpg


ずいぶん変わりましたが、陰陽師ブームでしたからね。
以前はなかったものも幾つかありましたし、広くなったでしょうか?
ま、いいんではないでしょうかね。

晴明さんにご挨拶をしたかったのもありますが、晴明さんのお母様にもご挨拶をしたかったのです。
信太の森の白狐、葛の葉さんに。

以前、晴明神社にお導きくださったのは、葛の葉さんでした。
伺うことになる半年前の夢に現れた、美しい白狐さん。
その時はわからなかったのですが、晴明神社に伺ってその白狐さんが葛の葉さんだ!と。

またご挨拶に伺えたことに感謝し、現在のことをご報告させていただきました。
あ~これでホッとしました。

その帰りに、お肌に大変良いというある物に出会いました。
見たとたんん、白い美しいお肌を感じました。
あ~これは、葛の葉さんのお導き。
すぐに、そう感じました~ありがたいことです、拝。

行き着くまでが大変でしたが、冒険と発見の楽しいものでした。

でも、足は正直に・・・・・もう、歩けません!と、笑。

目の前を空のタクシーが行きます、が、バスの一日乗車券を無駄にしたくない、
誘惑に負けずに、バスを待ちましたよ。

お茶をしながらファミリーさんとお話をしていたら、なんとその方の家の前にはカラスがたくさん集まるそうです。
カラスたちを観察していて、年寄りのカラスから若いカラスまでいることや、
声がいいとかしゃがれてるとか、そんな話をしてご近所さんを笑わせているそうで、
楽しそうに話してくれました。

しかし、カラスの羽は今まで見たことがなかったという、これまた不思議ですね。

これからこの方のカラスの観察日記が楽しみです~\(^o^)/
是非とも、書いていただかないと!です。

楽しい道中をご一緒できて、ファミリーさんに感謝です~ありがとうございました。
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-28 22:58 | Comments(0)

伝授の旅が導く~③


伝授の旅が導く~③

a0258233_20334861.jpg



天照大神様の次は素戔嗚尊さま。

京都は八坂神社にお導きいただきました。

実は、私も今回は八坂神社に伺いたいとその近くに泊まりたく、
宿を探したのですが、お高くて、無理でした、笑。

京都のファミリーさんは、そんなことお話していなかったのに通じていました。

八坂神社に着くやいなや・・・・・空の雲に異変が!

さずが・・・・素戔嗚尊さま!

力強く現れたかと思うと、優しく羽を伸ばすように、そしてまた逞しくもあり。
伊勢といい、八坂神社といい、雲の動きのすごいこと!

入口に坐す狛犬様の凄いこと、なんと力強く、不動明王のように感じました。
お護りされているのですね。

八坂神社は、実は初めてではありません。
数十年前に伺わせていただいておりますが、その時はまだ観光でした。

が、今になるとその時にはすでに「始まっていた」のですね。
私が気づいていなかったのですね。

そうして気づいてみると、私は子供の頃から「必要な所」に住まわせて頂いていたのです。
しかし、まだまだ行き着いていないのが情けない。
まだまだ、旅の途中、です。

やっと今、メディスンホイールの中を歩き出したと、感じています。
メディスンホイールの真髄に気づかされた、と。

手放した(シェア)ことからメディスンホイールの真の使い方を知ることになったようです。
メディスンホイールが、動き出し教えてくれています。

神々様にご挨拶をする中で、必ずメディスンホイールのこと、
ファミリー達のこと、日本のことをお伝えしています。

八坂神社もまた、とても気が澄んでいて気持ち良いところでした。
ただ一つ、若い方や観光客が多い中で、不心得者が目に余るのですが。

お社の鈴をむやみやたらにジャラジャラ鳴らし、その紐に抱きついてぶら下がらんばかりの行動。
これには、許せない!と、思いましたが、ここで怒りたくない、と、心を静めました。

ここでまた神社のあり方に気づかされたようです。
神社の方は、そのような行動に対して、毅然とした態度と説明をしていくことが必要だと感じました。

そうしなければ、せっかく気持ちよくお詣りしている方々に申し訳ないことです。
参拝者が増えることは、それだけその礼儀も伝えていくお気持ちが大事です。

畏れおおいという事を知らずに育った方には、わかりやすく教えてあげるのも、
ご自分たちの学びでもあります。
あぐらをかいていては、神様は立ち去られます。
そのようなことが、神様がいない神社と言われることになるのではないでしょうか。

すべては「心」、真なる心、真っ直ぐな心「真心」・・・・・
神様はお見通しであることを忘れてはいけない。

昔から言うじゃありませんか、おてんとう様はお見通し!と。


素戔嗚尊さまは真っ直ぐなお心をお持ちの神様なのですね、
強くありながら、真の優しさを・・・・・気づけよ、と。

この気の心地よさは、そのお心なのですね。
ありがたいことです~深拝。

少し歩くと、一本の木に目が止まりました。

a0258233_20344662.jpg


魅力的なバスト!!
わ~素敵な女性の姿・・・・・えっ、地母神さま!?

両手を上にあげ、胸には新芽が出ています。
赤ちゃんを抱く母、地母神様ですね~(*^_^*)

気づかせていただき、ありがとうございます~m(__)m


さて、八坂神社に感謝して「青不動」様が祀られる青蓮院へ。

こちらには「楠の木」の巨木が数本、素晴らしいです!
太く長く根を広げ、そこには苔が生えている。

幹はもちろん太くて、枝は長~く伸びて、生きものたちを守るかのよう。

楠の木って、すごいな~~素晴らしい!

日本一の楠木は、鹿児島の蒲生というところにあるそうですよ。

そして、日本庭園を散歩してみると、そこにはありましたよ!
妖精の森が!!

小さな小さなお花が咲いています。
その植物は、水陸両用?
水場にも育っていて、水に育つ方は大きいのですが、土のほうに育つのは小さいのです。

同じ植物なのに、環境でこんなにも違うことを教えていただきました。
それにしても、気づかないくらい小さい小さいお花。
とっても、かわいいい~(^-^)

この広い庭園には、妖精さんの村はどのくらいあるのでしょう?
そして、様々な妖精さんたちがいそうです。
だ~れもいなくなった頃・・・・・楽しそうですね~(*^_^*)

そういえば、ここもですが夜になるとライトアップして、美しい光景に人々は楽しんでいますが、
これは、人間以外には・・・・・大迷惑なこと。

木々や植物は勿論ですが、そこに生きるすべての命の寿命を縮めているのです。
妖精さんたちにとっても、死活問題・・・・ますますいなくなってしまいますね。
あ~~~大変だわ!

話は妖精さんになってしまいましたが、重要な問題定義のひとつ、ですね。

さて、青蓮院の青不動様は大日如来様の化身だそうです。

こちらは天台宗で、天台宗でも密教は主要な柱の一つ。
選ばれたものに対してのみ秘儀が伝授されてきた密教において、宇宙の中で仏様がどのように並んでいるかを
図式で現したものを「曼荼羅(まんだら)」といいますが、その曼荼羅の中心にいらっしゃるのが大日如来です。

大日如来は宇宙のすべてをつかさどる中心的な存在ということです。
そして、その大日如来の化身が、不動明王なのです。

不動明王は、五色(青・黄・赤・白・黒)に配せられることがあり、赤不動、黄不動、目黒不動、目白不動などはその例です。
その中で青色は、方位に配せられれば中央、五色の不動明王の中では最上位にあり、中心にあります。

ー以上は青蓮院のHPからですー

青不動様の御前に座らせて頂き、手を合わせていると・・・・・・
ドンドンドン、ドーンドン・・・・と、太鼓の音が鳴り響いてきます。

そして、青不動様の炎が細い棒の先に灯り、それは幾つもいくつもあり、
まるでインディアンのお話のレイブン(大鴉)が、一つ一つの存在に命の火を灯したように、
ポンポンポン~と、火を撒かれています。

きっと、必要なところに命(動き)を与えられたのでしょう。

ありがたい光景を見せていただけて、感謝でした。

私にも、火を灯して頂いたような・・・・・・m(__)m

楠の木も、庭園の植物さんたちも、沢山のことを学ばせて下さいました。

a0258233_2033963.jpg



最後に、屋根を見上げると、そこには陰陽の渦巻きがありました~\(^o^)/

今回もまた、お導き下さいましたファミリーさんに感謝です~m(__)m
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-26 20:38 | Comments(0)

誰が最初に食べた?!

a0258233_2318647.jpg


誰が最初に食べた?!


レイブン(大鴉)は、すべてが闇に包まれ、何一つ息をするものがいなかった時、
一つ一つに火を灯した・・・・・・命を与えたのだ。

その時から、人間も息をしだした。
そして、その頃の人間は、まだ食べるという行為を知らなかった。

人間も他の生きもの達もカスミ(霞)を食べていた。
その頃のカスミは、すべての必要な栄養が含まれた豊かなものだった。

姿かたちが違う生きもの達だが、争いはなかった。
争う必要がなかったのだ。

そんな時が誰かによって、変わった。

聞いたことがある、アダムとイブの話。

そう、りんごを初めて口に入れたとき、そのあまりの美味しさに感動し、
この時から食べるという行為を知った。

そこからの人間は、足るを知ることなく、感謝も忘れ、
もっと、もっと・・・・・あれも、これも・・・・・・
そして、とうとう姿かたちの違う命あるもの達にまで及んでしまった。

挙句の果てに・・・・・・その「いのち」を食べ残し、破棄することまでに。

見かねたカラスがレイブンの使者として、
ゴミをあさる姿を見せつけ、気づかせるための伝言を持ってきた。

だが・・・・時は遅し。

人間が気づくことには至らないまま、また時が過ぎていく。

今、その「食」によって「病」を生み出している。


・・・・・その時、りんごを口にしなければ、今が違っていただろう。

だから・・・・・・禁断の果実だったのだ。
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-25 23:18 | Comments(0)

今日って・・・・・ゲートが開いてるのよね。


a0258233_23194073.jpg



今日は新月~公園を散策していると、すぐにカラスの羽が。
歩き出すと、また、羽が~また羽が~またまた、羽が~
どうなってるの~?

カラスの羽だけではなく、白鷺の羽根もいただき、ました。
その後、風が運んだのか、孔雀の羽のようにグレイの地味な模様にキラキラブルーの丸い模様入り!
わ~~きれい!
どの鳥でしょう?わからない。

でも、嬉しいです、ありがとう~(^-^)

コウモリさんやフクロウさん、カピバラさんやアナグマさん、キツネさんも狸さんも、
シカさんも、たくさん会ってきました。


a0258233_23192499.jpg


そして思いもしなかったゾウさんがいまして、あ~困った。
私は動物園は苦手なんです。

狭いところに入れられた生きもの達に申し訳なくて、ほんとにごめんなさいm(__)m
あ~どうしてここに来ちゃったんだろう(;_;)

動物園に行くと必ずといっていいくらい、ゾウさんと目が合うのです。
その目は涙を浮かべて話しかけてきます。

今日も、そうでした・・・・・・
ずーと、私から目を外さず、側にそばに来ようとこちらに体ごと向けてきます。
それ以上来たら溝に落ちるから、危ないからやめて!

私は移動して立ち位置を変えましたが、やはりこちらに来ます。
ゾウの名前は、はな子さん。
2才半の時、日本に連れてこられたそうです。

そこからいろんな所に行き、ここに来て50年、だそうです・・・・・
実はですね、私と同い年、なんですよ。
そろそろ、体も辛いよね・・・・・

最後まで生まれた地には帰れないのでしょうね。

本来なら、大草原を思いっきり家族や仲間と走れたでしょうに・・・・・

私は、花子さんにオポノポノを送りました。
現実ではかなわなくても、魂は、あなたのふるさとへ帰りますから、安心してね、と。

この世だけが世ではない・・・・あの世も同じ世がある。
そこには家族がいて、兄弟や仲間がいて、大自然が広がる・・・・・・

だから・・・・・幸せになれるよ、絶対に!


今日って・・・・・ゲートが開いてるのよね。

あの世とこの世。

蓮の花の愛の雨があの世にもこの世にも同じく…・・・振りつづけている。

開いた道は、蓮の花びらの絨毯。

すべての魂の喜びの道~m(__)m
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-24 23:24 | Comments(0)

伝授の旅が導く~②


伝授の旅が導く~②

a0258233_2301572.jpg


お伊勢詣り


伊勢神宮に行きましょう~と、連れて行っていただきました。

伝授の方ですが、一緒に行くところは伊勢神宮、と来たそうです。

私は・・・・・入らせて頂けるかな?と。

というのも、祖先神との因縁があるから安易には入れないのです。
拒否される可能性が大、なので。

さて・・・・・どうなるのやら、全てはお任せしましょうか。


a0258233_2304874.jpg



伊勢の地に天照大神様が御住まいになる前の神様、
伊勢津彦命は大国主命のお子神様という説もあり、ここでも「国譲り」があり、
伊勢津彦命は光り輝き大風となり信州に向かった・・・・・と。

信州は、諏訪神(タケミナカタ神)様もまた国譲りで追いやられた神様。
わが祖先神ですので、遠い時のことであってもなお今も続くものでもあります。

私はもう何年も諏訪神様のことを調べていますが、知れば知るほど幅広く、
深く隠された謎にぶつかる、なぜそこまで隠されなくてはならないのか、
ますます気になることばかり・・・いつになったら納得に行き着くのやら、です。

そして~伊勢に向かって高速を走り出して間もなく「あらっ、もしかして反対方向?」
「まさか、ありえない!?」
「やっぱり、違う~どうして?どうなってるの~?」と。

すぐに高速を降りて、Uターン。
Uーターンの地名が「山上北」・・・・・山の神が来た!
私を乗せて行きなさい・・・・

そこからまた高速へ入り直し走っていると、車の様子がおかしい。
パーキングエリヤで止めたい、が、なかなか見当たらない。
パーキングの標識が見えたのに、行けども行けども、ない!?

仕方なく走り続け、やっと見えてきた!
そこは「安濃」というところ、女神さまを意味してる。

山の神様とこの地の女神様がご一緒して下さるようです。

そしてまた走り出すと、今度は行き過ぎるナンバーが女神ナンバーがどんどん。
もう、大丈夫です、無事に行かせてあげますよと仰って下さっている。
そこから空の雲が大きく動き出し、応援のお印が。
すご~い、見たことないわこんな雲~!と。

そこからはスムーズに走り伊勢神宮は外宮へ到着。

素晴らしく良い気で満たされています。
参拝の方々も、たくさんいらっしゃいますが静かな空気感です。

なんの違和感もなく、入らせて頂けました・・・・・ありがたいことですm(__)m
お礼と今後のことをご報告して、ゆっくり進みました。

a0258233_231598.jpg


次に内宮へ向かいました、が・・・・・ここでまた、ぐるぐる回されて。
まっすぐ行けばいいはずなのに、どうしたのかしら?と。
ごめんなさい、きっと私のせいです。

なんとか行き着くことができ、ご挨拶に向かう最初の橋の真ん中で・・・・・
ご一緒の方が止められて、動けなくなり、苦しそうに。
申し訳ない、ほんとに済まない思いです。

なんとか頑張って、橋を渡りきりました。
が、なんと参拝者が多いこと!
それもなんだか、チャラチャラした礼儀をわきまえること等まるでない様子に、驚きました。
この方たちは、なんでしょう?

何か・・・・変、おかしい?
何はともあれ、日本の象徴のような神様にご挨拶する空気とは程遠い。
これはどうしたことか・・・・・・

天照大神様の御前でもそれは変わらず、大きな声やふざけた様子が。
落ち着いてご挨拶ができません。
気を集中して、一心に感謝とご報告をしましたが。

その時「融合」・・・・・と、聞こえてきました。

諏訪の神様は諏訪の地の先住の神と戦い勝利しましたが、「融合し和を持って」
先住の神の信仰を共にしていきました。

その「融合」でしょう、天照大神様は今の日本を心配なされているのではないでしょうか。
私はメディスンホイールについてお伝えし、個人的なことはお話していません。
きっと、お力をお貸しくださるのではないか、と感じました。

しかし、人々のこの状況はどうしたことでしょうか?
何しろ、落ち着かない。

外宮と内宮はこんなにも違いがあるのでしょうか。

そして五十鈴川へ行きました。
こここそ、一番来たかったところ、です。

鵜が、素晴らしい潜水を見せてくれたり、小白鷺や小鳥たち、大きな鯉が悠々と泳ぐ姿。
石の上からいきなり飛び込みを見せてくれた、小さなカエルさん(^-^)
水の泡がクルクルまわるダンスは、何か生きものかと思いましたよ。

カラスが歩いていますので、そばに行こうとした時、バーンと衝撃が。

釘付けになる「あるもの」がそこに。

何とはまだ言えませんので、お許し下さい。
これが話題になっては困るので。

これこそが、今回の意味か、と。

私には大変な感動です・・・・・が、まだ確実なところはわかっていません。
そこから離れがたく、動きたくなく、長い時をそこにいました。


五十鈴川には夜な夜な現れる大蛇のお話があります。
それは「祟り」として祀られ、その後はおさまったという。

龍の元は蛇、龍蛇信仰・・・・・元々の神の多くはその「蛇」

静かに・・・・時を待つように・・・・・そこに。



伊勢神宮では今何かが動いている。

あのワサワサした空気は・・・・・カモフラージュ?

見せてはならない、気づかれてはならない、もしや・・・・・あの人々は・・・・人ではないのかも。



大変な思いをしながら、負けないぞ!と、頑張って下さいましたファミリーさんに、
心から感謝しています~ありがとうございましたm(__)m
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-23 23:07 | Comments(0)

素晴らしい情報


これは素晴らしい情報なので、シェアしたいと思います。


a0258233_15445439.jpg



今回の新月ゲートは、秋分ゲートが開いている間に開くそうです。

秋分 23日 11:29   新月 24日 15:14


秋分ゲートは、すべての次元がつながるゲート!!


あの世もこの世もひとつの道でつながるような時だそうです。


それを日本では「彼岸」と言います。


すべてのゲートが開いている間に開く、新月ゲート~これはパワフルです。

わたしたちの目覚めがうながされる新月でもあります。


この秋分はお墓参りや人とのコミュニケーションに足を運ぶといいようです。


道開きの時! だそうですよ!!


自分にとって必要な「情報」をダウンロードするようです。


この春からのチャレンジ、この秋分の情報、それらをあわせて再構築の食。


さらにこれから12月まで何度か再構築を繰り返し

2015年の進路を決定していくとき。


やってみたいことは、思い切ってやってみるとき!



なんか、すごくないですか~って、私は凄~く、うれしいです\(^o^)/

おお~!と、感じた方は、受け取ってね(^-^)~♪♪♪
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-23 15:47 | Comments(0)

祭り

祭り

a0258233_11193264.jpg


a0258233_11182740.jpg


昨日は久々にお祭りに行きました。
家族と共にご挨拶を済ませ、屋台巡り?です。

あれが食べたい、これが美味しそう~と、次々に。
グッドなものもあれば、イマイチのものも。
でも何よりも、雰囲気、ですね。
祭りの空気が楽しいのです(´∀`)

私たちが伺ったのは、根津神社。

今、下町の伝統を生かしている人気の所ですね。
確かにそこここに伝統が垣間見られます。

a0258233_1118042.jpg


a0258233_11171196.jpg



根津神社 大祭

御祭神 須佐之男命、大山咋神、誉田別命、大國主命、菅原道真

御由緒  1,900余年前に、日本武尊が千駄木に創祀し、文明年間(1469~)に
太田道灌が社殿を奉建したと言われています。
現在の社殿は、五代将軍徳川綱吉の世嗣がきまったときに奉建、千駄木から現在の地へ御還座した。
明治維新時、明治天皇が東京へ入るにあたり、勅使を使わされ、
国家安泰の祈願がされるなど歴史のある神社。

宝永6年(1世に天下普請と言われる大造営をおこなったときの権現造りの社殿、
唐門、楼門、透塀が現存している。
昭和6年(1931)に国宝(現在重文)に指定された。

756)将軍綱吉は、兄綱重の子綱豊(家宣)を養嗣子にきめると、氏神根津神社にその屋敷を献納して、
六代将軍家宣は、幕制で根津神社の祭礼を定め、正徳4年(1714)江戸全町から山車を出し、
俗に天下祭と呼ばれる壮大な祭礼を行ったといわれている。

神社の3基の神輿は、このとき家宣が奉納したもの。
同格式の山王祭、神田祭と江戸三大祭といわれていた。
祭開催日 9月の中旬土日曜日。



a0258233_1116132.jpg


a0258233_11164161.jpg


根津神社のお祭りに行くことにしたのは、知り合いのご夫婦が祭りの山車
「猿田彦大神様」を動かされていたことからでした。

そのこともあり、是非伺いたかったのです。

神社の説明には出てきませんが、道を導く神として練り歩く、猿田彦大神様。

どこを探しても、猿田彦大神様については書かれていませんね~?

最後に神社に戻ってきた時、そのご夫婦の姿は猿田彦大神様のおそばにいました。


お二人とも、はっぴ姿が粋で素敵!カッコイイ~!!

早朝から大変だったと思います、お疲れ様でしたm(__)m

おかげさまで、私たち家族もとっても楽しい一日となりました。

~ありがとうございました(*^_^*)
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-22 11:37 | Comments(0)

伝授の旅が導く

a0258233_12592842.jpg



伝授の旅が導く

a0258233_12593942.jpg



今週は伝授を受ける方々と各地で過ごさせていただきました。

先月から始まった伝授ですが。

それぞれのご都合を組み合わせ、みなさんお一人ひとりと丸一日を過ごす。


a0258233_1301829.jpg


a0258233_1311297.jpg



第一日目、愛知の「熱田神宮」へ~

熱田神宮も、ずーとご挨拶に伺いたかったところ。
伝授をお受け下さるファミリーの方のおかげ、ですm(__)m

愛知で始まるのにはまず、その地の神様にご挨拶をさせて頂きたい!
私の「礼儀」です。

早く着きましたので、先に一人でご挨拶をさせて頂きました。
自然の中を散歩するような感覚。

早速、カラスのお出迎え。

参道というよりも、林の中に敷き詰められた広い道という感じ。

そこここに道を掃き清める方々の姿が。

おかげさまで、気持ちよく神様の御前に向かえます。

清々しい空気をいっぱいに頂きながら歩いていくと・・・・・・?!

大きな樹が、根を張り太い幹を天に伸ばし、両手をひろ~く伸ばしています。
その枝にはカラスも小鳥たちも、蝶もやって来ています。

手前で手を清め、その木の前に立ち・・・・あっ!そうか、この木が有名な「楠の木」なんだ。
触れないように囲いがして守られています。

a0258233_1305567.jpg


そう、多くの方が直ぐに木を触りますから、木の肌が痛むんですよ。
そこから木は弱っていくことがありますから、パワーを吸い取るのは控えましょうね。

それよりも、素晴らしい木(気)を感じたら、逆にあなたのパワーを受け取って頂き、
永く永く生きつづけ、私たちの子孫にも会っていただきましょう。
*この時も、手は気の肌に触れず、離したところからパワーを送るのです。

たくさんお話をさせて頂き、本堂へ向かいました。

本堂が見えてくると、おや・・・・・あらら、ご案内してくれるのでしょうか?
すぐ隣をチョコチョコ一緒に歩くカラスちゃん~ありがとうね(^-^)

なんて爽やかな澄んだ青い空でしょう。
そこを舞台に見せて下さる、雲の舞い。
その舞いは・・・・・お姿を見せて下さる、拝。

太陽の光に一層輝く金。

その下で・・・・・感謝と正しく美しい道を進むことをお伝え致しました。
各地から、メディスンホイールの輪をまずは日本のために作動できますようm(__)m

そこからファミリーのお一人と合流し、まずはご一緒に熱田の神様にご挨拶。

各お社にご挨拶をしていると、湧水が出ている清水社がありまして、その説明に、
熱田大神が絶世の美女と謳われた楊貴妃となったとの言い伝えがあり、
お清水さまには今もなお、目や肌が美しくなるという信仰がある、そうです。

熱田大神さまは、女神さま!?
そういえば以前そのようなことを聞いたことを思い出しましたが、忘れていまして、
男神様のように感じていました、が・・・・・

そこから一気にその女神さまの気が覆いました。
その気は、力強く強力なパワーと同時に、あたたかい優しいパワー。

そこここに、そのパワーがみなぎるのを感じます、表現できないくらいです。
身体中に感じます。
こんなにダイレクトに感じるのは、鈍感な私には珍しいことです。

そのありがたい気に包まれながら、池のほとりでお話タイムになりました。
時間が止まったように~様々な現象が現れ、それは現実と繋がり、気づかせてくれます。
いつものように、最後にやってきましたよ~カラスアゲハさん。

ファミリーさんの魂がしっかり受け取り、喜びの波動を発しています。
私の魂も、喜びで震えていました。
これこそが、メディスンホイールの「輪」の発動です。

さあ、これでよし!進みましょう~(^-^)
心からの感謝をし、熱田神宮をあとにその方の地元へ。

地元の氏神様にご挨拶とご報告をしましょう。
そこにはいつも、天狗様が睨みつけるようにいらっしゃるそうです。

今回は天狗様は屋根の上ではなく、大きな木の上にいらっしゃり、いつものように鋭い目ではなく、
優しい目でこちらを見ていらっしゃるそうです。
私には、見えないのだ!笑。
でも、感じましたよ(^-^) 木が教えてくれました、ほら、ここだよ~って。

もうひとつの氏神様にも伺いました。
ここでは、待っていたように・・・・・美しいカラスの羽根が二本、あなたのために、と。

ブロックが完全に外れたから・・・・さあ、始まったよ!と。
これからは、あなたのメディスン、導き手となりましょう~と。

メディスンはカラスの羽根だけではありません。
各人のメディスンはそれぞれですから、その時の出会うもの、なのです。

そしてそこでも多くの出会いと気づきを頂きました。

この方はメディスンホイール・ファミリーのお一人、姉妹の輪のお一人です。
素晴らしい才能の持ち主であり、その「美」を放ち、シェアし、喜びを伝えられていくことでしょう。

共に歩けることに、心から感謝致します。

ステキ~素敵~(^-^)
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-20 13:11 | Comments(0)

妖精さんたちの森

妖精さんたちの森


さわやかなお天気がとても嬉しいらしく、チョウチョやホウジャク、鳥たちが飛び交う。

蝶も大小のカラスアゲハが飛び交い、カラスも忙しく飛び交っている。

モンキチョウが小さいのにヒラヒラと、あっちにもこっちにも。

そんな中で、道の真ん中に羽を広げて動こうとしない蝶がいた。
近づくと、珍しい蝶でそばに行っても動こうとしない。

このままでは踏まれちゃうよ、そっと手を出すとあわてて飛び立った(^-^)

a0258233_1902517.jpg



カモやカイツブリ、名前がわからない嘴が赤くて足が白い可愛い鳥もいた。
じーっと獲物を狙っていたが、それを見ている私は待ちきれなくて移動しちゃいましたが。  

生きものってすごいな~猫もそうだし、ながーい時間ジーと待つことができる。
なかなか人間には、真似できない難しいことだと思います。

木の実が数種類、あちこちに落ちていてそれぞれ楽しませてくれた。
小さな目を描いたらモシャモシャ頭の可愛いお人形になりそうね、(^-^)

あれれ、これって何かの眼みたいね!
赤い実が顔を出して、そのまわりがまだら模様で、ドラゴンがギロっと眼を向けたような。
わ~楽しいね。
不思議な形がいっぱいあるね~!

しばらく歩くと、なんとそこには~妖精の森が!

え、なに、なに、これ~!?

すご~い!

こんなの見たことない!

そこには小さな小さなキノコの村が。
傘は直径1センチ前後、2ミリくらいのもありましたよ。

a0258233_1905668.jpg



まるでアンティックのランプのようなキノコ。

オレンジ色の傘を細~~~い糸が支えてる。

点々と、一面に広がる様子は~妖精の森。

ありがとう~妖精さんたち。

みなさん、お邪魔しました~m(__)m


いや~ステキ!今日のセンスオブワンダーは、妖精さんのご招待という幸運に恵まれました。

身近にある公園でも、その気持ちさえあれば感動の発見、出会いに遭遇します。

それが・・・・センスオブワンダーです\(^o^)/


そして面白いのは、その時ご一緒する方にあった、あるいは必要なメッセージが姿を現して見せてくれます。

公園なんて、みんなおんなじと思ったらおお間違い!

一人一人の感動も、発見も様々~同じものを見ても、違うのです(^-^)

それが、センスオブワンダー


                         
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-09-13 19:09 | Comments(0)