七夕と天の川銀河とヒマラヤマンダラ

a0258233_15353062.jpg




もうすぐ七夕、最大のイベント到来!


七夕の頃には、真上に銀河がきます。
強い波動が降り注がれるときです。


7月7日あたりから旧七夕の8月2日あたりまでを、その時と考えていいでしょう。

この「天の川銀河」の中心にあるのが「霊太陽(グレート・セントラルサン)」。
この「グレート・セントラルサン」を意識し、その「波動」を受け取る絶好のチャンス、です。

七夕には、短冊に「願い事」を書くという習わしは、まさに、そのパワーを象徴していたのですね。
この時期の宇宙との接触を、わかる方が伝えていたのでしょうね。


以下、ウィキペディア から~

乞巧奠(きこうでん、きっこうでん、きっこうてん、きぎょうでん)は乞巧祭会(きっこうさいえ)または単に乞巧とも言い、
7月7日の夜、織女に対して手芸上達を願う祭である。

古くは『荊楚歳時記』に見え、唐の玄宗のときは盛んに行われた。
この行事が日本に伝わり、宮中や貴族の家で行われた。

宮中では、清涼殿の東の庭に敷いたむしろの上に机を4脚並べて果物などを供え、
ヒサギの葉1枚に金銀の針をそれぞれ7本刺して、五色の糸をより合わせたもので針のあなを貫いた。
一晩中香をたき灯明を捧げて、天皇は庭の倚子に出御して牽牛と織女が合うことを祈った。

また『平家物語』によれば、貴族の邸では願い事をカジの葉に書いた。
二星会合(織女と牽牛が合うこと)や詩歌・裁縫・染織などの技芸上達が願われた。

江戸時代には手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がった。
なお、日本において機織りは、当時もそれまでも、成人女子が当然身につけておくべき技能であった訳ではない。

ほとんどの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、
祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われる。
午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある。

イモの葉の露で墨をすると習字が上達するといい、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむける。



これを読んでいて、私が霊的に祖先の神の地へ導かれた日を思い出します。
「カジの葉」が出てきますが、梶の木、梶の葉、は、諏訪神の神紋。

かれこれ11年前になる7月6日、諏訪の手長神社で「古式に則った七夕祭り」を再現する、
という時に、参加のお誘いを頂いたのが、始まり。

7月6日は、母の命日という偶然、いえ、仕組まれた必然でしょう。
そしてその祭りは、上記にも書かれていますが7月6日の夜から行われました。
カジの葉を短冊に、墨で書くというものでした。

そして、夏至のところで書いた「聖地」こそ、「夜明けの晩」に入ったのです・・・・・
7月6日の真夜中、日が変わる時をその聖地で迎える、という。
その時が強烈な歓迎を受けた時でした。

今になると、それは、午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある、
と、書かれてあるように、天の川銀河の強力なパワーが降り注がれていた時、ということですね。
そうおもうと、あの時の凄さに納得できます。

う~~ん、七夕にお願いなんて、子供たちに任せておこう?などと思っていたのは、大きな間違いでしたね・・・・・
この時こそ、「お願い」をする時です!


というわけで、七夕のワークをしようか、と。

ペンダントは、ピラミッドにしっかり銀河の波動を受け取り、愛と平和を祈り~
自分のための「お願い」をしましょう(祈りと瞑想)

この時、30cm弱の、1時間くらいでできる「ヒマラヤ・マンダラ」を作りたいと思います。
糸をかけながら、お願いをする、機織りにもつながりますしね。



東京のワークは~7月12日(土)満月

東京といっても、ワークは長野の諏訪の聖地で行います。
波動を受け取るのは、聖地が一番適しているのと、自然の中でマンダラ作りをします。
新宿集合はAM7:00~(上諏訪駅集合もありです)
参加費¥5.000縁(材料費込み)交通費・食費は自己負担です



京都のワークは~7月26日(土)新月

ロータスエナジーワークに参加したい方は、滋賀の草津駅にAM6:00集合です。
蓮の花を愛で、触れ、香りを体中に吸い込み、瞑想。
参加費¥2、000縁

七夕ワークは、鞍馬山奥の院にAM11:00集合です
参加費¥5、000縁(材料費込み)

両方参加の方は、参加費¥5、000縁です。



旧七夕ワーク~8月2日(土)秩父・三峰神社
ロータスエナジーワーク&七夕ワーク
詳細は、後日、お知らせいたします。


お問い合わせ・申込先~tatebatafurai★yahoo.co.jp

★を@に変えて送信して下さい。


お申込みはなるべく、早めにお願い致しますm(__)m
今回、人数制限はしませんし、ペンダントをお持ちでない方も参加可能です。


一人でも多くの方が、聖なる地で銀河の波動を受けられますように~祈。


なお、諏訪の聖地は、白山~諏訪~鹿島と春分秋分には一直線に繋がるところ。
また、夏至には、阿蘇~京都~諏訪~日光と一直線につながります。


諏訪にはまだまだ、隠された大きな秘密があると、思えます。
あなたのシックスセンスで、感じて下さい~(^-^)

ゾクゾク~ワクワク~するような、体験をして欲しいから、お誘い致します。
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-06-29 15:54 | Comments(0)

魔を祓う、モモ

a0258233_23172684.jpg



昨日の朝、用事の帰りに近くの公園に寄ってみたら・・・・・・わ~!!

なんと、なんと~嬉しいじゃありませんか!

子供の頃に育った博多の山に、美味しい、おいしい~ヤマモモがあったんですよ。
そのヤマモモの実が、足元に・・・・・落ちてる!
ってことは!
見上げると、なんとヤマモモの木。


a0258233_23183832.jpg



関東のヤマモモの実は、とても小さくて、半分にもならないのですがね。
それでも、嬉しくて~

まるで、銀杏拾いのように夢中になって拾い続けました、笑。

拾いながら、そろそろ腰に負担を感じて、もうやめないと、と、
そのまま反対方向に向い、でようとしたら・・・・・・・・!

なに~

地べたに一面、ヤマモモが落ちてる!?

で、見上げると・・・・・・感動!

ヤマモモの木には、たわわに実がなっているではありませんか。
何年もここには来てるのに、気づかなかったのか?

嬉しくて、ヤマモモの木にハグして、お話しましたよ。

この木も、辿れば祖先はおなじでしょう。

この時・・・・・視点を変える、と。

夢中になって一点にとらわれて、必死になりすぎて見えていない。
ふと、見上げれば、視点を変えれば、そこに、求めるものがある!

それにしても、素晴らしいプレゼントをいただきました。

夏至のパワーのおかげでしょうか、波動が調整されて、出会うべき出会い、
必要な繋がりと、しぜんに結ばれるような。

一昨年の志賀島の志賀海神社にも、ヤマモモの木があり、とても懐かしく、
嬉しかったのが蘇ります。

桃は魔を払うものと言いますが、その桃とは・・・・・ヤマモモのことだそうですよ。

そうか!書きながら、気付きましたよ。
ヤマモモの枝が落ちていたのは、その枝を持て、ということなのか!
明日にでも、あの枝を拾いに行きましょう。

桃の幹で、昔は櫛を作ってお守りにしたそうです。
クシはちょっと作れませんが、何か作ってみましょうかね(^-^)

あ~、いいこと思い出して、良かった~笑。

感謝、感謝~です(^-^)
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-06-24 23:20 | Comments(4)

夏至のミステリーツアー?

a0258233_165416.jpg


夏至祭り~ミステリーツアーは?

さて・・・・どこにしようか、迷いましたね~笑。


ミステリーツアーのご一行様は、目的地へ向かって進みだしました。

時折、美しい富士山が姿を見せてくれます。


湖に到着です。

湖の底に夫婦龍が住まう、湖・・・・・・

その湖から流れるのは、天竜川。

a0258233_16533388.jpg



今朝、青く光る、五芒星が目の前に現れました。

その青い五芒星に重なるように現れた、おやしろ・・・・・前宮だ!

やはり、行くべきところは・・・・・諏訪大社、前宮!

そのとき・・・・見えるのは確かに、前宮ですが、実はそこに繋がる聖地、だ!と。

そうか・・・・・あそこへ行かなくては!


そこは、あまりおおっぴらに紹介したくない、古代の聖なる地。

三宝の光り、太陽、月、星、が同時に現れる時がある、という。

ちょうどこの時期は、沢山の種類の花々が一面に咲いている。
まるで、天国のように、美しい。

そうか・・・・・あの場所へ行くべきなのか・・・・・

しかし、時間的に行けるだろうか?気になりますね。

そんな行く前の出来事があり、目的地が決定、したのです。


そう、まず、諏訪湖で遊覧船に乗り、湖の中心でご挨拶。

湖の上から、富士山を拝します。

ペンダントを上に向け、波動を受け取ります。
そのエナジーを、湖の底へ。
ここはレイラインの真上、でもありますね。
私はここで、最初の時、神秘な光の体験をしました。

そこから、諏訪大社上社前宮へ。

前宮の後ろに広がるのは、モリヤ山~御神体です。

すぐ裏には、近くにお住まいの方々の楽しむゲートボール場が出来ていて、
私はよく、ここでインディアンフルートのCDをかけて、瞑想をします。

ご挨拶をしてから、ここでも、ペンダントに波動を受けます。
その波動をまた、こんどは大地に送ります。

前宮の横を流れる「水眼」の水は、モリヤ山から流れてくる、まさに勢いのある龍の姿です。

水のそばには、かわいいアマガエルがいて、それを目指して赤と黒の模様の「蛇」も現れます。
様々な花々も咲き、蝶が乱舞しています。

この近くにも、古代祭祀跡があり、私が初めて女神さまのお姿を拝したところです。
この体験は、ほんとに素晴らしい不思議な体験でした。

植物の精の素晴らしいパワーを見せていただいたところでもあります。
花は何一つ、咲いていないのに・・・・・素晴らしい香りが一面広がった、
そして~一面に白いお花畑を見せていただいた、そんなところ。

今回は、そこには入りませんでしたが、また機会があれば、ね。

前宮を後にして~いよいよ、聖地へ。

ぐるぐる、ぐるぐる~登ります。
ここは霧が多いところ。

以前、登るとき霧が多くなり無理か、と思いきや・・・・・目の前の霧だけがなくなり、無事に着いた。
着いた途端に、足元からものすごい霧が立ち込めて、山小屋の方が言うには、
よく来れましたね!ずっと霧がすごいから無理かと。と?
道を開けて下さったのです。

そして、満月をここで迎えようとした時も、またお天気が良くなくて、お月様の姿がない。
諦めながら、それでも寝る前に窓から見ると~なんと、満月が輝いてくれたのです。
この時も、素晴らしいお導きに、感謝でしたね~忘れられないことのひとつ、です。

旧御射山社(もと、とも、きゅうとも言います。もとみさやましゃ)です。
武士の時代はここに、鎌倉や各地から多くの武将が集まり4日間の祭りが行われましたが、
私はもっと古代の「民」のあたたかい声、魂を感じたところ・・・・です。

でも、最初のご挨拶の時は、震え上がるほど恐ろしい体験をしたのですが。
気づけば、そのくらい凄い神様がお迎え下さった、ということに気づいたのですが。

それは最初だけで、その後は何度伺っても暖かい歓迎を受けています。

今回もまた、穏やかな気が立ち込め、清き水が流れる音、鳥のさえずり~
お社にご挨拶をし、まずは草花を摘ませていただき、輪になって座り、花の冠りを作りました。

夏至の時は植物のパワーもいっそう増す時で、北欧ではハーブ摘みをします。
なかにはハーブもありますが、取り過ぎない程度に、根は残して。


a0258233_16543212.jpg



その冠を頭にのせ、ペンダントを手に乗せて~宇宙からの波動を受け取ります。

この地へ~大地へ~水へ~植物たちへ~全ての命へ~そして、自分へ!

宇宙からの波動を受け取ることは、自分の波動を調整していき、身体も精神も調和されていきます。
なので、すべてが軽やかに行動していくようになります。

調和していくということは、とても大事なことです。
何か特別な力を得ることよりも、自然体でいられることが結果的に、勝るのです。

スピリチュアルに魅せられて、気づけば魔を取り込んでしまう、ということもあります。
自然体=スピリチュアルです。

もともと、私たちはスピリチュアルなのに、求めるがために失っていく。
求めなくて、いいのですよ。
そのまま、そのままが自然体~スピリチュアル。

自然体であるための、波動調整、生み出した大元の宇宙からの波動、
それは「へその緒」のようなものかな。



さて、いよいよ聖地ともお別れです~ありがとうございましたm(__)m


ご参加下さった皆様、また、参加希望してくださった皆様~ありがとうございましたm(__)m


夏至のパワーを受け取って、日々の生活に生かしてください。


次は最大のイベント、が、7月、8月と、ありますよ~(^-^)
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-06-23 16:57 | Comments(0)

13日の金曜日~女神さまに繋がる日


a0258233_184850.jpg


久々の女神さまの日。

会いにいくもよし、一人静かにイメージするのも、よし。

私はいつも伺う弁天様にお会いしたいと、考えていましたが、
用事が多くて叶わず。

今日、最初に目にしたナンバー「72」
そうそう見ないナンバーで、2回目ですね~

こんな日は、新たな情報が入ってきたり、何かと学びになる日かな?
と、言っていたら、やはりね。
またまた調べることがやってきましたね、笑。

花壇や道端に咲く花々、いつの間にかクチナシも咲いている。
雨が多いせいか、あのいい香りが漂っていない。

かわいいお花たちが、いっぱい。
アジサイも様々な種類が競い合うように、咲いている。
なかでも、写真のアジサイ、小さな花びらがクルッと内側に巻いている。
まるで、和服の絵のよう~

a0258233_1821559.jpg


そして、マゼンタ色のペチュニア。

レッドからパープルの間に隠れていた色。
全てのチャクラに対応するという。

レッドの地、パープルの天、その間、って私たちの世界?
レッドの情熱、パープルの冷静・霊性。
ちょうど、いいあんばい~のところ。

丁度いいあんばいって・・・・・なかなか、難しい。

天に近づきたいゆえに、思い違いをして、地に落ちる。

天をめざしても、しっかりと地に足がついてないとね。
そして、パープルの前にマゼンタの世界を志さないと、ね。

日々の中の、小さきことの愛。
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-06-13 18:04 | Comments(0)

昨夜の出来事

a0258233_1812584.jpg


昨夜、買い物帰りの娘たちが、「子供がいなくなった!」と、
道路に座り込んでいるおばあさんと出くわし、それは大変!と。

通りがかりの小さな子供を自転車に乗せたお母さんも、塾帰りの子供たちも、
小学校から出てきた先生も、みんなで四方八方散らばり、探して回ってる。
と、電話が入り、まだ見つからないから帰るの遅くてごめん、との知らせ。

5歳の女の子で、そのおばあさんはお隣の方で預かっていたという。

最近は、子供の事件も多いから、巻き込まれたら大変!

私はすぐに、祈った、が、マゼンタのエナジーを呼び出しているのに、
どうしたことか、現れず、オレンジのエナジーが広がるばかり?

そうだ!ペンダント!
手に持ち、話しかけると・・・・・なんと、すぐにマゼンタのエナジーが額の右上の方から光を発した。
そのマゼンダのエナジーはどんどん広がった。
大丈夫、きっと大丈夫・・・・・誰かに手を引かれて帰ってくる、と。

気になり娘に電話して、まだ見つからない、警察も来てるけど・・・・・・
あ、あの子、そうじゃない?見つかったみたいよ。
そうだ、オレンジのパジャマ着てるし・・・・・よかった、と。

新しいオレンジのパジャマを着て、喜んでいたそう。
お母さんからの電話で、迎えに出てしまい迷子になってしまった。
通りがかりの女性が、手を引いて連れてきたという。

そうか~あのオレンジのエナジーは、その子だったのか。

よかった、よかった~(^-^)

それにしても・・・・・・ペンダントには、驚いた。
いろいろ使い道?が、あるようだ。

ありがたいこと、感謝、感謝、ですm(__)m
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-06-10 18:13 | Comments(0)

木の化石

a0258233_2148179.jpg


a0258233_21483923.jpg


木の化石

片付けをしていたら、数年前に孫が博物館で買って来た「木の化石」が出てきました。

とても惹きつけるものがあり、見入ってしまいました。

改めて説明書を読むと、この化石はアリゾナのイエローストーンあたりから出たようで、
ますます気になり、写真に撮ってみると、紫、マゼンタ、そして赤、がはっきりと浮き出て、
オーラのような光を感じます。

この木は1億5000万年以上前のものだそうです。

気候の条件により、樹木が腐る前に泥や砂、あるいは火山の灰で覆われた時、
化石化が始まる。
木の化石を顕微鏡でのぞくと、まだ本来の木の構造を見ることができます。
化石林、樹木が立ったままの状態で埋没し、化石化したもの。
と、書かれてあります。

すごいな~と、感動していると今度は海のもの、アンモナイトが現れて、
そう、この渦巻きといい、これとても気になっていた時があったな~。

2億7000万年ほど前の海に生息していた、アンモナイトが化石となり、
7000万年の時を経てその表面に、アラゴナイトが付着してイリデッセンス(遊色)効果を発するようになったもの。

アメリカのロッキー山脈周辺で、ネイティブアメリカンの人々によって発見され、
バッファローの皮でその石を包んで持ち歩いたとこから、始めは「バッファローストーン」と呼ばれていました。

知りませんでした!~びっくり、です。

調べているうちに今度は、ワイルドホース、という石に行き着いて。

ワイルドホースは、90年代にアメリカのアリゾナ州の南部で発見された比較的新しい石。
ワイルドホースという名前の由来は、見た目が野生馬のアパルーサの模様に似ていること、
「野生の馬を捕まえるぐらいに採掘が難しい石」ということから付けられたという説があります。
ホワイトバッファローと遭遇するくらい、難しいこととも、いわれています。

いや~どうしたことか?
ずいぶん遠い時からお呼びがかかってる?

なんて、素敵なんでしょう~(^-^)
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-06-06 21:50 | Comments(0)