レイヨウ(アンテロープ)メディスン

a0258233_21131462.jpgレイヨウ(アンテロープ)メディスン

昨日のシェリングは、「レイヨウ」さんでしたが、
毎回思うのは、自分のその時にピタッとリンクし、必要なメッセージがあることです。

まあ、私の中ではすべてのメディスンが「その時に応じたメッセージ」を伝えてくれるということは、
すでに承知、分かっていることだけど・・・・・・笑っちゃうくらい、なんで?
と、わかっていても驚くことがいっぱいです。

レイヨウさんも、ぴったんこ!言ってくれました(笑)

レイヨウメディスンは、「聡明な行動」。
頭脳と心の強さを、そして事を成すために素早く決断し「行動する能力」を与える。

このところの私は、迷路にいるように考えがグルグル回り、
どの方法がいいか、どの道を選ぶのが正しいのか、
いくら考えても決まらず動けずに座り込んでいる状態でしたから、
わ~、行動せよ!か、何てバチッと来たことか。

既に決断しているのに躊躇している自分がいました。
なかなか、その一歩が踏み出せず・・・・・
自分の中で、色々理由を付けてみたり、どこか逃げ腰。

そのうえ、イライラするものだから怒りっぽくなるのも、
レイヨウメディスンの逆作用の表れ・・・・

そこに、「行動せよ!」、
効きすぎですよ~(笑)

やります、やります、直ちに行動します。
と、答えている自分がいました。

ここで少し、レイヨウメディスンの事をお話します。

まだ、「時」が始まったばかりで、人間の部族も数少なかった頃のお話し。
食料もなく、着るものもなく、
二本足たち(人間のこと)が死に絶えそうにしているのをレイヨウは見た。
そして、思った。
「行動を取らないと、人間の祖先たちは母なる大地の上からすぐに消えてしまう」

レイヨウは行動をとり、人間の集落に行き二本足の仲間を集めて会議を開くよう求めた。

「あなた達にレッスンを学ばせるため、グレートスピリット(大霊)は私を遣わした」

「空腹や着るものがなく凍えているのなら私を殺し、その肉をたべなさい。
毛皮を剥ぎ、暖まればいい」

「それが私の贈り物であり、私の進化の道の一端であり、私の奉仕だから、それをしなさい」

人間が「肉」を食べることを覚えれば、氷河期が来ても生き残れることを、レイヨウは知っていた。

アメリカ先住民の伝承では、果物と野菜が豊富にあった第二世界の人間族は、
他の生きものの「肉」を食べる必要がなかった時で、
大きな氷の山が動き出し(氷河期)、果物や野菜が取れなくなったため、
この第二世界の人間族から「肉」を食べるようになったと、伝えています。
現在の世界は「第三世界」という。

四本足の仲間の本能と知恵を体内に取り入れ、
それぞれのエッセンスを味わい、人間は生き残る術を学び、
「決して無駄をしない」、「必要以上に取らない」、
「行動すべき時に行動する」のを、教えられた。

レイヨウは人間に、大いなる神秘からの贈り物を讃え、
見境のない「破壊」をせずに生きる道を教えた。

あなた自身、家族、親族、部族、
さらに、母なる大地のために行動せよ、と求める。

今、それをせよ、と、求める。

これ以上、待っているな、と。

まさに、今・・・・・私たちに「行動」を伝えていますね。
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-28 21:19 | 月日記 | Comments(0)

Ho! Mitakuye Oyasin!~ホー!ミタクエオヤシン!

HO! Mitakuye Oyasin!


  ホー! ミタクエオヤシン!


「すべてのものは繋がっている」とか、

「私に繋がるすべてのものたち」のこと。


「ホー」は、共感を表す言葉で、そうそう、とか、なるほど、など。

「ミ」は、わたしの。

「タクエ」は、繋がり。

「オヤシン」は、すべてのもの。

分かち合いの「輪」の中で祈ったり話したりする時、
「ホー」と、合いの手を入れる。

私は、メールや文章などにも、「おはHO!」なんてやり取りをする。

「繋がり」とは、人間同士に限ったことではなく、
「鳥」は、翼を持つ人々とか空を飛ぶものといい、
「木々」を根っこを持つ人々といい、「動物」を、四本足の人々、
「空気」を、風の人々、「地の中」に生きる人々、
「地を這う」人々、「川」を、流れる人々、「水に生きる」人々、
「人間」も、二本足の人々、という。

すべての存在を「人々やもの」と考えている。
もの、は、物ではなく、存在を言う。

地球に存在するすべてのひとびとの中にスピリットを見、感じている。

人や動物、自然という分け方はせず、また生物ではなくても、
あらゆるものを「人々・もの」といいます。

スピリットは、風のようにすべての生命の中を流れ、行き来している。


「四方向の風」といわれ、各方向を司るスピリットがいる。

今の時期は、「北のスピリット」が司る風。

寒さが厳しい時、人は「知恵」を授かる。


厳しい北風にあおられながら向かうとき、私は心で話す。

北のスピリットよ!
その真白き毛布で包み、その中ですべての命が守られますように、と。

厳しい寒さで、凍え死にそうな命がたくさんいます。
その命が、あたたかく包まれることをいつも願ってやみません。


あらゆる人々はみな、大地の子供であり、地球の住人である。
つまり、それは共に共存していくために同じだけの「権利」と「責任」があるということ。

権利とは、幸せに生きる権利で、草木の一本一本も、風も、人間も、
すべての存在が同じ「人々・もの」として、同じだけ幸せに生きる権利があり、
命の「重さ」も、同じ。

ひとりひとりを尊重し大切にし、調和を保ってこそ、母なる地球の子供。

人間は、すべての兄弟姉妹たちから「助けられ」生かされていることを忘れないでほしいと、
いつも願っています。


だから、犬も猫も「ペット」ではないのです。

枯葉の一枚も、自然のサイクルの中の大切な存在です。


すべては循環して「輪」になり繋がっている~HO! ミタクエオヤシン!
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-19 18:52 | 月日記 | Comments(0)

お知らせ=☆彡

本日

64匹のアニマル・メディスン(精霊)さんの「iPoneアプリ」発売053.gif

宜しくお願い致します。a0258233_9301674.jpga0258233_9301674.jpg
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-08 11:43 | 月日記 | Comments(0)

私自身に現実に起きたひとつのお話し

ある夏至の日のこと。

アメリカ先住民では夏至や冬至は重要な日で、この日には「祈り」をします。
古代は、日本でも行なわれていました。

仕事中でしたから昼休みに広い公園まで行き、大きな木の下で一人静かに祈りました。
何も持っていなかったので、タバコを捧げてきました。
帰りながら、カラスの羽根を11枚頂き、ふと草むらに蝶を見つけましたが、
その蝶は、しっかりと葉っぱにしがみ付き孵化したてでした。

暫らく様子をみていたら、どうもその蝶は孵化に失敗したらしく羽根が開きません。
そのままだと、何かに食べられてしまいそうで葉っぱごと連れて帰りました。
メディスンホイールの敷物の上に、片手に乗せた蝶と片手に頂いたカラスの羽根を持ち、
祈っているうちに、どうも寝て?しまったらしく不思議な世界に誘(いざな)われました。

Moreつづき~
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-01 11:41 | 月日記 | Comments(0)