プロフィール

プロフィール

北欧民族とアメリカ先住民族(インディアン)の血を受け継ぐ父と、
日本の海神の末裔の母に生を授かる。

インディアンの「聖なる輪」が彼女のもとに現れたのは1997年の秋のこと。
その後次々と「必要な旅」が与えられ、学ばされ、気づかされ、
人々を救う道に入るように指示される。
その時、人々の闇を照らし道をしるすという意味で「シャイニング・ムーン(輝く月の女)」と、
名前を頂く。
その後、大変珍しいと、数々のテレビに出演するが、
それを止めるようにメッセージを受け、2001年を最後にTVなどの出演や鑑定をやめる。
それは、インディアンの精霊の導きで、日本の古代(神々や祖先)を学ぶ為に与えられた時間だった。

2011年、シャイニングムーンに新たなメッセージがあり、自ら学んだものを人々に伝えよと指示を受ける。
ママシャイニングムーンは再び人々に「自然、宇宙と共生する事の大切さ」
「精霊からの大切なメッセージ」を伝えるための活動を始めた。

2014年に入り、メディスン・ホイール・リーディングを分かち合う時が来たと感じ、思案がつづく。
7月、「伝授」という形で分かち合うことが許される。

***

伝授を始める事により、新たな気づきに繋る~メディスンホイールの「輪」が想像を遥かに超えたもの、
「輪」の中には、よからぬ者、或いはよからぬ思考は入れない、その「輪」の中は聖なる空間。

その「聖なる輪」メディスンホイールを、日本各地に、設置していき、
「その地の神」が本来の働きができることを願い、祈る旅がつづく。

そして、メディスンホイールの四方向、八方向から「愛の糸」が日本中に、世界中に発せられる。
その「愛の糸」の放ち手を北から南から~各地から、お集まり頂きたいと心から願います。

愛の糸の放ち手の住まう「地」も、その方自身も、周囲も、愛に包まれる「聖域」になります。
ただし、「純粋なおもい」であることが大切です。

やがて、この「愛の糸」が日本中から放たれ、世界中に広がる時が来ます。
その時、世界のどこかでも同じ想いで同じことをする方たちと「愛の糸」は繋がるでしょう。

しかし、もう「時間」がありません。 早ければ早いほうがいいのです。
一人一人の「魂の声」に気づき、その声に従う時が来ています。

どうぞ、あなたの生まれた「地」に、育った「地」に、住まう「地」に、感謝を伝え、
「その地の神様」をおもい、愛の心でその大地に触れてお伝え下さる事を、お願い致します。

あなたが愛される存在であることを自覚してください。

あなたがすべての存在と一体であることを自覚してください。

マザーアースのハート(心臓)が、私たちの「気づき」と「感謝」を心から届けることによって、
マザーアースのハートは喜びの波動に包まれます。

その喜びの波動は、地球上に上がってきて大地も水も空気も、私たち人間も含めすべての生きもの達も、
その「喜びの波動」に包まれ、あるべき姿、整えられていくのです。

~ミタクエオヤシン(すべてのつながるもの)~

a0258233_20221779.jpg



TV出演など履歴

王様のブランチ   (2001・8)
メジャーリーグFAAV     (2001・6)
堂本兄弟      (2001・4)
Blue-B的TV   (2000・8「4回連続」)
夢見る惑星(NHKドラマ)  (2000・1)
スーパーモーニング   (1999・12)
爆笑問題   (1999・6)
金曜テレビの星   (1999・4)
所的蛇足講座   (1999・3)
スーパーニュース   (1999・2)
未来 万記の部屋   (1999・2)
スポーツTODAY   (1999・1)
笑点スペシャル   (1999・1)
松方弘樹の「世界を釣る」   (1998)

その他 

アプリ発売~64匹のアニマルメディスン・ストーン(精霊)占い
 BS999 一週間の占い(一年間)
「2000年<最強の恋占い>」
「うらなび」・「ニュータイプ」
「オズマガジン」「ハナコ」など他雑誌に紹介。

その他 TVイベントや宝石などのイベント他多数参加
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-12-01 16:55 | 月日記 | Comments(0)

またまた、お知らせです。


a0258233_2041139.jpg


今月、5月25日(土)17:00~19:00神楽坂にて、
アニマルメディスンカード勉強会を行います。

3名の募集です。


詳しくは、tatebatafurai☆yahoo.co.jp まで。

☆を@に変えてください。
[PR]

by mamashiningmoon | 2013-05-08 20:42 | 月日記 | Comments(0)

お知らせです。

a0258233_163304.jpg


メディスンカードの勉強会が日高市の高麗神社がある「高麗のカフェ」で開催されます。


5月23日(木) 14:00~16:00
1アニマルメディスン (2時間くらい)  ¥1500円+1オーダー


既に人数は集まっていますが、お近くの方で参加希望者がいましたら、
あと1~2名でしたらなんとか入れますので、この機会にお話を聞きにお越し下さい。


連絡は  tatebatafurai☆yahoo.co.jp まで。

(☆を@に変えてください)
[PR]

by mamashiningmoon | 2013-05-08 16:34 | 月日記 | Comments(0)

「メディスン・カード」勉強会~開催

a0258233_16413279.jpg




「アニマル・メディスン」の勉強会


4月から、アニマル・メディスンの意味や伝承、神話、生態を重視し、
メディスン・カードの使い方などの勉強会をすることに決定しました。


各アニマルを正しく知り、学び、メディスンと繋がる。

ストーリーの中にアメリカインディアンのお話しなどもおり込みます。
また、「植物」「鉱物」などもおり込んでいきます。

何故、先住民族ではアニマルたちを「メディスン」と呼ぶのか。
最初の人間たちが食べられるものも危険なものも、
住まい方もわからず途方にくれていた時、
アニマルたちはやって来て、それぞれが様々な事や方法を示しました。

食べられる物、危険なもの、住まい方などを教えられた人間たちは
生き延びることができ、それ以来、アニマルたちを「メディスン」と、敬っています。

それは、生態や行動をよく観察し、時には会話し学んできました。
これはアメリカ先住民族だけではなく、日本の古代の民も同じでした。

1枚のカードに現れたアニマルメディスンは、いつも同じ事を伝えるとは限りません。
アニマルメディスンと繋がると、その時々の声を聞くようになるのです。

たった1枚のカードに、すべてを伝えてくれますし、
数枚のカードに詳しく伝えてもくれます。

日々の気づき、癒し、学びとなります。

いま、メディスン・カードを使っている方にも初心にかえってアニマルを知り、
繋がることもお勧めいたします。


月1~2回、1回が2時間=1アニマル・メディスン

その時に必要で現れた「アニマルメディスン」を、多方面から学びます。
(生態や伝承・神話など日本や世界から)雑談も含みます。

アニマルによっては、私が体験した不思議なお話もしていきたいと思います。

料金=1回 ¥1500円

場所使用費人数割り負担¥500~1000円(場所により異なる)
カフェなどの場合は、1オーダーになります。

場所=東京(詳しくは申し込み後にお知らせいたします)地方もあり。

申し込みは

tatebatafurai☆yahoo.co.jp にお願いいたします。

☆を@に変えて送信してください。


途中参加も大丈夫です。
[PR]

by mamashiningmoon | 2013-04-21 23:45 | 月日記 | Comments(0)

レイヨウ(アンテロープ)メディスン

a0258233_21131462.jpgレイヨウ(アンテロープ)メディスン

昨日のシェリングは、「レイヨウ」さんでしたが、
毎回思うのは、自分のその時にピタッとリンクし、必要なメッセージがあることです。

まあ、私の中ではすべてのメディスンが「その時に応じたメッセージ」を伝えてくれるということは、
すでに承知、分かっていることだけど・・・・・・笑っちゃうくらい、なんで?
と、わかっていても驚くことがいっぱいです。

レイヨウさんも、ぴったんこ!言ってくれました(笑)

レイヨウメディスンは、「聡明な行動」。
頭脳と心の強さを、そして事を成すために素早く決断し「行動する能力」を与える。

このところの私は、迷路にいるように考えがグルグル回り、
どの方法がいいか、どの道を選ぶのが正しいのか、
いくら考えても決まらず動けずに座り込んでいる状態でしたから、
わ~、行動せよ!か、何てバチッと来たことか。

既に決断しているのに躊躇している自分がいました。
なかなか、その一歩が踏み出せず・・・・・
自分の中で、色々理由を付けてみたり、どこか逃げ腰。

そのうえ、イライラするものだから怒りっぽくなるのも、
レイヨウメディスンの逆作用の表れ・・・・

そこに、「行動せよ!」、
効きすぎですよ~(笑)

やります、やります、直ちに行動します。
と、答えている自分がいました。

ここで少し、レイヨウメディスンの事をお話します。

まだ、「時」が始まったばかりで、人間の部族も数少なかった頃のお話し。
食料もなく、着るものもなく、
二本足たち(人間のこと)が死に絶えそうにしているのをレイヨウは見た。
そして、思った。
「行動を取らないと、人間の祖先たちは母なる大地の上からすぐに消えてしまう」

レイヨウは行動をとり、人間の集落に行き二本足の仲間を集めて会議を開くよう求めた。

「あなた達にレッスンを学ばせるため、グレートスピリット(大霊)は私を遣わした」

「空腹や着るものがなく凍えているのなら私を殺し、その肉をたべなさい。
毛皮を剥ぎ、暖まればいい」

「それが私の贈り物であり、私の進化の道の一端であり、私の奉仕だから、それをしなさい」

人間が「肉」を食べることを覚えれば、氷河期が来ても生き残れることを、レイヨウは知っていた。

アメリカ先住民の伝承では、果物と野菜が豊富にあった第二世界の人間族は、
他の生きものの「肉」を食べる必要がなかった時で、
大きな氷の山が動き出し(氷河期)、果物や野菜が取れなくなったため、
この第二世界の人間族から「肉」を食べるようになったと、伝えています。
現在の世界は「第三世界」という。

四本足の仲間の本能と知恵を体内に取り入れ、
それぞれのエッセンスを味わい、人間は生き残る術を学び、
「決して無駄をしない」、「必要以上に取らない」、
「行動すべき時に行動する」のを、教えられた。

レイヨウは人間に、大いなる神秘からの贈り物を讃え、
見境のない「破壊」をせずに生きる道を教えた。

あなた自身、家族、親族、部族、
さらに、母なる大地のために行動せよ、と求める。

今、それをせよ、と、求める。

これ以上、待っているな、と。

まさに、今・・・・・私たちに「行動」を伝えていますね。
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-28 21:19 | 月日記 | Comments(0)

Ho! Mitakuye Oyasin!~ホー!ミタクエオヤシン!

HO! Mitakuye Oyasin!


  ホー! ミタクエオヤシン!


「すべてのものは繋がっている」とか、

「私に繋がるすべてのものたち」のこと。


「ホー」は、共感を表す言葉で、そうそう、とか、なるほど、など。

「ミ」は、わたしの。

「タクエ」は、繋がり。

「オヤシン」は、すべてのもの。

分かち合いの「輪」の中で祈ったり話したりする時、
「ホー」と、合いの手を入れる。

私は、メールや文章などにも、「おはHO!」なんてやり取りをする。

「繋がり」とは、人間同士に限ったことではなく、
「鳥」は、翼を持つ人々とか空を飛ぶものといい、
「木々」を根っこを持つ人々といい、「動物」を、四本足の人々、
「空気」を、風の人々、「地の中」に生きる人々、
「地を這う」人々、「川」を、流れる人々、「水に生きる」人々、
「人間」も、二本足の人々、という。

すべての存在を「人々やもの」と考えている。
もの、は、物ではなく、存在を言う。

地球に存在するすべてのひとびとの中にスピリットを見、感じている。

人や動物、自然という分け方はせず、また生物ではなくても、
あらゆるものを「人々・もの」といいます。

スピリットは、風のようにすべての生命の中を流れ、行き来している。


「四方向の風」といわれ、各方向を司るスピリットがいる。

今の時期は、「北のスピリット」が司る風。

寒さが厳しい時、人は「知恵」を授かる。


厳しい北風にあおられながら向かうとき、私は心で話す。

北のスピリットよ!
その真白き毛布で包み、その中ですべての命が守られますように、と。

厳しい寒さで、凍え死にそうな命がたくさんいます。
その命が、あたたかく包まれることをいつも願ってやみません。


あらゆる人々はみな、大地の子供であり、地球の住人である。
つまり、それは共に共存していくために同じだけの「権利」と「責任」があるということ。

権利とは、幸せに生きる権利で、草木の一本一本も、風も、人間も、
すべての存在が同じ「人々・もの」として、同じだけ幸せに生きる権利があり、
命の「重さ」も、同じ。

ひとりひとりを尊重し大切にし、調和を保ってこそ、母なる地球の子供。

人間は、すべての兄弟姉妹たちから「助けられ」生かされていることを忘れないでほしいと、
いつも願っています。


だから、犬も猫も「ペット」ではないのです。

枯葉の一枚も、自然のサイクルの中の大切な存在です。


すべては循環して「輪」になり繋がっている~HO! ミタクエオヤシン!
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-19 18:52 | 月日記 | Comments(0)

お知らせ=☆彡

本日

64匹のアニマル・メディスン(精霊)さんの「iPoneアプリ」発売053.gif

宜しくお願い致します。a0258233_9301674.jpga0258233_9301674.jpg
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-08 11:43 | 月日記 | Comments(0)

私自身に現実に起きたひとつのお話し

ある夏至の日のこと。

アメリカ先住民では夏至や冬至は重要な日で、この日には「祈り」をします。
古代は、日本でも行なわれていました。

仕事中でしたから昼休みに広い公園まで行き、大きな木の下で一人静かに祈りました。
何も持っていなかったので、タバコを捧げてきました。
帰りながら、カラスの羽根を11枚頂き、ふと草むらに蝶を見つけましたが、
その蝶は、しっかりと葉っぱにしがみ付き孵化したてでした。

暫らく様子をみていたら、どうもその蝶は孵化に失敗したらしく羽根が開きません。
そのままだと、何かに食べられてしまいそうで葉っぱごと連れて帰りました。
メディスンホイールの敷物の上に、片手に乗せた蝶と片手に頂いたカラスの羽根を持ち、
祈っているうちに、どうも寝て?しまったらしく不思議な世界に誘(いざな)われました。

Moreつづき~
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-02-01 11:41 | 月日記 | Comments(0)