出雲へ❤

皆さんの祈りが込められた「タバコダイス」を届けに三輪山へ。

入山には時間が決められているため、ご挨拶は簡単にして時間を急ぎました。
そして入山前のご挨拶し終えて、さて行きましょう!

ん?……「入山終了」のお知らせが❗
ギリギリ間に合ったはずなのに。

通りかかった宮司さんに伺うと、5分過ぎてます、と。
いいえ、5分前には既に終了と。

「神様のことですから」との有無を言わせぬ一言に、いう言葉なし。

一瞬、この祈りを込められた大切なものを何処へ?と、倒れそう。

が、来る途中に「出雲の海」の会話をしていたことが浮かんだ。
そうか、今回は山ではなく、「海」なのか❗と。

三輪山の神様は「ここではないぞ」と、お教え下さったのか、と。

なんと、ありがたいことでしょうか……m(__)m

どうも三輪山へ伺うと、ずーと伺いたいと願いながらなかなか行けなかった
処へ行かせて頂けるという幸運に驚く。


そして翌朝、出雲へ向かいました。

美しい道中に見守られながら、結構な道程を共にして頂いた方に感謝でしたm(__)m

最初に海に着き、その浜の石の美しさに感動し、海の美しさに感動し、
時が経つのを忘れそうでした。

ここから見送ることにし、ご一緒のファミリーさんと祈りのタバコダイスの輪を海に託しました。
ご参加された皆さまの祈りは、確かにお届けいたしましたので、ご安心下さい。

海へ向かって感謝をお伝えしていると、ここに大きな大きな「蓮の花」が咲きました。
すると、「愛をのせた蓮の花びらのお舟」が次々に、
波に乗り日本中の湊を目指して旅立つ様子が見えました。
小さな花びらのお舟は、気持ち良さそうに波にのって行きます。
とても美しい光景でした❤


翌朝、出雲大社参拝をさせて頂きました。

早速、カラスのお出迎え。

とても広い境内に、想像よりも質素な、しかし荘厳な佇まい。
あたたかい気が、優しい気が、すべてのものを包むかのように。

ご挨拶をしようとした時、ピッピッピッピピピーと頭上から聴こえて見上げると、
そこには雀さんが、鳥避けの間を器用に抜けながら鳴きつづけています。
雀さんも、神様と繋がる存在。

ご挨拶を済ませ、左右の19社にご挨拶をしているとカラスアゲハが飛んでいきました。
ありがとう❤

お社の左右に19お社。
2礼4拍手1礼〜火と水、19と19、感謝と謝罪、愛と光りの4拍手。

写真でよく見る「オオクニヌシ命」の銅像は、思ったよりも断然素晴らしい❗

そこここに、可愛い兎さんがいました。
因幡の白兎ですね。
となると、ガマの穂が浮かびます。

ガマの穂って、何だかとても好きです。


そして、いよいよ念願の「荒神谷遺跡の蓮」向かいます。
[PR]

by mamashiningmoon | 2016-06-24 21:09 | Comments(0)