七夕と天の川銀河とヒマラヤマンダラ

a0258233_15353062.jpg




もうすぐ七夕、最大のイベント到来!


七夕の頃には、真上に銀河がきます。
強い波動が降り注がれるときです。


7月7日あたりから旧七夕の8月2日あたりまでを、その時と考えていいでしょう。

この「天の川銀河」の中心にあるのが「霊太陽(グレート・セントラルサン)」。
この「グレート・セントラルサン」を意識し、その「波動」を受け取る絶好のチャンス、です。

七夕には、短冊に「願い事」を書くという習わしは、まさに、そのパワーを象徴していたのですね。
この時期の宇宙との接触を、わかる方が伝えていたのでしょうね。


以下、ウィキペディア から~

乞巧奠(きこうでん、きっこうでん、きっこうてん、きぎょうでん)は乞巧祭会(きっこうさいえ)または単に乞巧とも言い、
7月7日の夜、織女に対して手芸上達を願う祭である。

古くは『荊楚歳時記』に見え、唐の玄宗のときは盛んに行われた。
この行事が日本に伝わり、宮中や貴族の家で行われた。

宮中では、清涼殿の東の庭に敷いたむしろの上に机を4脚並べて果物などを供え、
ヒサギの葉1枚に金銀の針をそれぞれ7本刺して、五色の糸をより合わせたもので針のあなを貫いた。
一晩中香をたき灯明を捧げて、天皇は庭の倚子に出御して牽牛と織女が合うことを祈った。

また『平家物語』によれば、貴族の邸では願い事をカジの葉に書いた。
二星会合(織女と牽牛が合うこと)や詩歌・裁縫・染織などの技芸上達が願われた。

江戸時代には手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がった。
なお、日本において機織りは、当時もそれまでも、成人女子が当然身につけておくべき技能であった訳ではない。

ほとんどの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、
祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われる。
午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある。

イモの葉の露で墨をすると習字が上達するといい、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむける。



これを読んでいて、私が霊的に祖先の神の地へ導かれた日を思い出します。
「カジの葉」が出てきますが、梶の木、梶の葉、は、諏訪神の神紋。

かれこれ11年前になる7月6日、諏訪の手長神社で「古式に則った七夕祭り」を再現する、
という時に、参加のお誘いを頂いたのが、始まり。

7月6日は、母の命日という偶然、いえ、仕組まれた必然でしょう。
そしてその祭りは、上記にも書かれていますが7月6日の夜から行われました。
カジの葉を短冊に、墨で書くというものでした。

そして、夏至のところで書いた「聖地」こそ、「夜明けの晩」に入ったのです・・・・・
7月6日の真夜中、日が変わる時をその聖地で迎える、という。
その時が強烈な歓迎を受けた時でした。

今になると、それは、午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある、
と、書かれてあるように、天の川銀河の強力なパワーが降り注がれていた時、ということですね。
そうおもうと、あの時の凄さに納得できます。

う~~ん、七夕にお願いなんて、子供たちに任せておこう?などと思っていたのは、大きな間違いでしたね・・・・・
この時こそ、「お願い」をする時です!


というわけで、七夕のワークをしようか、と。

ペンダントは、ピラミッドにしっかり銀河の波動を受け取り、愛と平和を祈り~
自分のための「お願い」をしましょう(祈りと瞑想)

この時、30cm弱の、1時間くらいでできる「ヒマラヤ・マンダラ」を作りたいと思います。
糸をかけながら、お願いをする、機織りにもつながりますしね。



東京のワークは~7月12日(土)満月

東京といっても、ワークは長野の諏訪の聖地で行います。
波動を受け取るのは、聖地が一番適しているのと、自然の中でマンダラ作りをします。
新宿集合はAM7:00~(上諏訪駅集合もありです)
参加費¥5.000縁(材料費込み)交通費・食費は自己負担です



京都のワークは~7月26日(土)新月

ロータスエナジーワークに参加したい方は、滋賀の草津駅にAM6:00集合です。
蓮の花を愛で、触れ、香りを体中に吸い込み、瞑想。
参加費¥2、000縁

七夕ワークは、鞍馬山奥の院にAM11:00集合です
参加費¥5、000縁(材料費込み)

両方参加の方は、参加費¥5、000縁です。



旧七夕ワーク~8月2日(土)秩父・三峰神社
ロータスエナジーワーク&七夕ワーク
詳細は、後日、お知らせいたします。


お問い合わせ・申込先~tatebatafurai★yahoo.co.jp

★を@に変えて送信して下さい。


お申込みはなるべく、早めにお願い致しますm(__)m
今回、人数制限はしませんし、ペンダントをお持ちでない方も参加可能です。


一人でも多くの方が、聖なる地で銀河の波動を受けられますように~祈。


なお、諏訪の聖地は、白山~諏訪~鹿島と春分秋分には一直線に繋がるところ。
また、夏至には、阿蘇~京都~諏訪~日光と一直線につながります。


諏訪にはまだまだ、隠された大きな秘密があると、思えます。
あなたのシックスセンスで、感じて下さい~(^-^)

ゾクゾク~ワクワク~するような、体験をして欲しいから、お誘い致します。
[PR]

by mamashiningmoon | 2014-06-29 15:54 | Comments(0)