白いヘラジカ

白いヘラジカ


カナダで3人のハンターが「白いヘラジカ」を撃ち殺した。


先住民の間では、悪いことが起きると信じられている。


我々のコミュニティーで何か重大なことが起きると知らせに来てくれた、
自分たちの先祖かもしれない、と、語った。


今年の元旦に読んでいた「狼王ロボ」の事が頭をよぎった・・・・・
ロボの奥さん狼は「白く美しい狼」、
ロボを捕まえるため、人間たちが四方から金輪を投げ・・・・・・引っ張った。

美しいその体は赤く染まった・・・・・
その瞬間、それは白い龍と重なった。
その時・・・・・グラグラ~と、元旦早々、地震が起きた。

いま・・・・・その光景が頭をかすめた。
先日、龍のことを書いたばかりだ。


ハンター達は「知らなかった」と、謝って白い毛皮を渡すから儀式で使って欲しい、と。
だが、ヘラジカの「頭」は自分たちのトロフィーだから返さない、と・・・・・

いさぎよく、すべてをお返しして、自分達も共に祈ればいいのに。
「頭」は・・・・持っていない方がいいと思うのですがね。


その辺に詳しい方が言うには、このハンター達は知っててやってるはずだと。
そんな生きものは、そうとうな値段がついて取引されるはずだからね。
欲しがる奴もたくさんいるだろうし、もしかしたら既に注文受けていたかも。
だから頭は絶対に返さないだろうね、と。


ヘラジカは「長老」
白いヘラジカならば、長老の中の長老。


龍の戦いは日本だけではないことを知らせている。
世界中の空で今、おきている、と。

私たちは、まず、日本に目を向けなければならないが、
同時に、世界にも目を向けるよう知らせている。

日本の中で、異常なことが度重なる中、
同じく、世界中でも信じられないことが起きている・・・・・・

他人事、他国のこと、と、言っていられないところに私達はいる。
しかし、まだまだ「暗い話は聞きたくない、知りたくない」方が多い。
そんなことを受け入れたら、自分も暗いところに引きずり込まれるとおもうのか?


明るい話は誰もが楽しい、明るいオーラに包まれるように。
だから、できるだけ嫌な世界を見ないようにしているのを感じる。

だが、現実には手を差し伸べてもらえず、見捨てられた人々もいる。
これは、誰か一人でも勇気を出して、手を差し伸べたら・・・・・
その命は助かったかもしれない。
そんな悲しいことが、日々気づかないところで起きている。

スピリティアルな世界ではよく出る、「光と闇」
光は闇なくしては光はない。
闇も光なくては存在できない。
その両方を認めてこそ、真の理解だろう。

私たちの中にも存在する、光と闇。
正しく美しい心と、チョットくらいならという誘惑の心。
ちょっとくらいならまだいいかも知れない。
誘惑に占領された心は、苦しむ姿に「快感」を持つようになり、
魔に支配されていく。

でも、それは誰にも存在する心、私とて、想像もできない最悪な状況下に置かれた時、
心の闇に勝てるだろうか?
絶対、それはない!
と言いたいところだが、「絶対」なんて簡単には言えない。
その時、理性が働くかどうか、正しい心が働くかどうか・・・・・
でも、私は私の中の闇には負けない!

私が一番大事にするのは「グランディング」
現実世界を「しっかり、見る!」こと。

今起きていることに背を向けていては、何をどうしようとグランディングはできない。
真実を見、
真実を聞き、
真実を話す。


なにごとも「直視」する勇気を持ちたいものだと思う。
直視することで傷ついたとしても、その傷を舐めて治す力を、
私たちは持っている。

何かに頼らなくても、誰かに頼らなくても、「治す力」を授かっている。
でも、誰かが或は生きものが困っていたら気づいてあげようよ。
手を差し伸べてあげようよ。
それは、実は自分をも救うこと。


今、世界で起きていることに無関心でいるのは、やめましょう。
勿論、日本で起きていることも、です。

カナダは日本の古代の民が「先祖」の部族もいるくらい、
日本との繋がりが深い。

そのカナダで起きたことは、日本につながる重要なこと。


偉大なる聖者、長老が自ら犠牲になり知らせている。






数が浮かんできましたね~数霊ではなんと?


(3人の)ハンター=3と52
3は身・実・、三位一体
52は、母・地球の女性性を表す・川・船


ミクマク(先住民族)=82
82は、・結晶・母国・瞳・悲願


ヘラジカ=136
136は、・電波・仏教・伊勢神宮・明神


水と火でもありますね(左は火)
ひふみでいう、中心にしっかり「柱」を立てること。
水と火は横、柱は縦、十字になる。


地球の女性性も、伊勢神宮も、大いに意味がありますね。


136は、恐れに屈さず進むことをよしとする数霊です。
そこにあるのは慈悲であり、大愛の姿です。
今ある現象のみに心奪われず、その奥にある真実を見極める力を
養いましょう。うろたえるな!


ですって。
まさに、ではありませんか!

おそらく、私達が思う以上に大変な状況が起きていると感じます。
いま、多くの人は自己中(古い言葉ですね)に生きている。
だから、何かが起きていても自分には関係ない事と真剣に見ようとしない。
見ようとしない事をいいことに、黒い雲は静かにしかし強力な力で広がろうとしている。


黒い雲は、絶対に広げさせてはならない!
[PR]

by mamashiningmoon | 2013-10-15 22:28 | Comments(0)