シャーマンの環

私たちインディアンでない者たちのほとんどは季節の魔術、
大地の精妙なリズム、自然界の日毎の恵みに触れない。

春、鳥が巣を作り、木々が芽吹き、川が生命で膨れ上がる。
だが、私たちはほとんど目を止めない。

こうしたことに注意を払うには忙しすぎるのだ。
だが、わたしたちは注意を払わなければならない。

なぜなら、わたしたちは自然に、そして互いに、
しっかりと結びついているから。

儀式を再発見し、それによって自分を再発見しなければならない。
自然との絆を日々強めることが必要だ。

わたしたちの中で昇る太陽を出迎え、
沈む太陽に別れを告げる者は少ない。

月に吠えるものは多くない。
雨雲に、育ちつつあるトウモロコシに、死の霊に歌いかけない。

私たちは自分のルーツから離れて漂い、憂鬱が蔓延している。

今こそ私たちは、聖なる中心と繋がりをもう一度確認し、

ひとりひとりに意味のある儀式を作り出さなければならない。

(ナンシー・ウッド)著
[PR]

by mamashiningmoon | 2012-07-03 21:33 | アメリカインディアンのお話し | Comments(0)